一万の聖剣を持つ精霊

夢野つき

一章 初めてのスキル

 俺は岩に向かって手をかざした。俺の予想だが、物を創る時はイメージが大切だと思った。なので、初めにうさぎの置物をつくる事にした。なんでうさぎかって?それは、俺が好きだからだ!
 そんなこんなで、目を開けてみると岩が変形していた。しかも、うさぎにだ!だけど少し所々いびつだ。

「うーん、やっぱりこの(聖剣特化)が関係しているのか?」

しっかりイメージしたのにいびつなのは多分これだと思ったのだ。そう思いながらステータスを睨んでいたら、画面が変わった。どうやら、スキルを詳しく説明してくれるみたいだ。
================
創造(聖剣特化)
 普通の創造とは違い、聖剣を創るのに特化したスキル。普通の物より武器を創る時、全てが聖剣となる。
================
なるほど、そう言う事か。スッキリはしたがとんでもない事になった。

「と言う事は、俺は聖剣の精霊なのか...」

嫌な予感がプンプンする、主にこの先の未来について...    

「一万の聖剣を持つ精霊」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ナナシ

    遊ぶってそういうこと..?
    聖剣を求めていっぱい人が来そう
    賑わいそうだなぁ

    1
コメントを書く