一万の聖剣を持つ精霊

夢野つき

前世の最後

...
......
...眠い...
 窓から見える空はもうオレンジ色になりかけ、下校のチャイムや生徒達が帰ろうとする姿と声が聞こえてくる。
 そうだ、学校だった...
 眠さでだるい頭と体を叩き起こし帰る準備をする。人のいない廊下を歩きながら下駄箱を目指す。すると、
「あっ、りょうにー!」と声がした。ああ、妹か、
妹の名前は「姫(ひめ)」、テニス部をやっていてみんなの人気者、とても可愛く学校の嫁にしたいランキングでは必ず上位に入る。

「もー、遅いよりょうにー」
「別にいいだろ、てかなんで待っている。」
「そりゃー友達が居なくて寂しそうな兄を優しい妹が待ってあげてるんですよ。」
「自分で優しいって普通言うか?荷物持って欲しいだけだろ...」

そしたら妹が「バレたか」と言っているような顔で目を逸らした。合ってたのかよ...。

「まあいい、ほら、持ってやるよ。」
「おっ?今日はやけに素直ですなー」
「俺は優しいからな!」
「うゎー、自分で言いますか…」

すると、みるみるうちに妹は俺との距離を離していく。

「お前に言われたくねぇよ。」
「ほら、まあ、私可愛いから!」

と言って笑顔を見せる。うん、カワイイ。
 そんな感じで2人で帰っていた、そしてスーパーの交差点の前に来てそれは起こった...
 交差点の真ん中に猫が出たのである。

「あっ、あの猫危ない!」

そう、トラックが来ていたのだ。妹はその猫を庇うようにトラックに背を向けた。
 やばいと感じた。このままでは妹、ひめが死んでしまうと思った。すると、体が勝手に動いた、妹を突き飛ばしひかれないように。
 体に激痛が走った、自分はさっき居た交差点から10メートル位先に倒れていた。意識がもうろうとする。(ああ、トラックに跳ねられたのか…)
 体から動かない、妹が泣きながら話しかけているように見えた。
 妹を泣かせるなんて情けない兄だな。そして、泣いてる妹に向かって最後の言葉をかけた。
 

---「無事で、よかった、---
 

「一万の聖剣を持つ精霊」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー324268

    Nhiều quá

    0
コメントを書く