異世界と銃とそれから君と

Masilo

異世界は不安定

「ん… んんぅ?」

「おぉ、起きたか、暁人くん」

誰だ? たしか俺は… 車に轢かれて…

「そうだ! 俺はなんで生きてる?!」

「確かにそう思うのは当たり前だの。だが、ちっとは落ち着いてくれるか?暁人くん」

「え?あ、あぁ。わかった、落ち着こう」

何故だか目の前にいる老人のことは信用できた。それに…なんだか懐かしい?気分だ。なんでだ?

「少しは落ち着けたかの?」

しばらくしてどこか不思議で懐かしい老人は俺に話しかけてきた

「ああ、さっきは取り乱して、すまなかった」

そう言って俺は頭を下げる。

「ふぉふぉふぉ、大丈夫だ。誰しも、自分が死んでしまったらそう冷静にはいられまい」

そうか、確かに死んでしまったら…って、

「俺は死んじまったのか?」

俺は咄嗟に思ったことを口に出す。

「うむ、死んでしまったとも。紛れもなく、君は死人だ。」

「そうか、死んじまったのか、俺は」

まぁ、あれだけの勢いで撥ねられたらそりゃ死ぬか…

「じゃあ、ここは天国か?」

「いや、ここは天国じゃないの。天国には違いが、天国に行けるか審査する所かの」

さしずめ、審判の間ってとこか?

「俺は天国に行けるのか?」

一番きになることを聞く

「いや、君にはわしからの個人的なお願いがあってだな、単刀直入に言えば異世界に行って貰いたい」

「え?」

「まぁそうなるのは無理もない。理由も知りたいだろうからの、順番に説明してくぞ」

「あ、あぁ」

「そう構えなさんな。気楽に聞いて、そのあとで行くか行かないか決めれば良いのだからの。何から話そうかの… 
まず、君が今から行くかもしれない世界「エトランゼイル」は君の世界、には無い力「スキル」というものがある。このスキルは生まれつきの職業によって取れるものがちがうのだよ」

「つまり、その職業によっては良いスキルが手に入らない事もあるってことか?」

「その通り。エトランゼイルには人間を襲う魔物がいる。取れるスキルが良いほどより強くなり、その魔物にも負けなくなる。スキルという力は守るためにあるのだよ」

一泊置いてから老人は話す

「しかし、ある時とても強力なスキルを取得できる職業を持った若者が現れ、始めは人のために振るっていたそのチカラを人間を殺すために振るい始めたのだ」

「え?…それは、かなりやばいんじゃ無いのか?」

「うむ。そして奴は、自らを魔王と呼び世界を恐怖に陥れた。だが、それも長くは続かず、「勇者」という職業の人間を中心としたパーティに封印され、その後は世界は平和になったのだ」

「それなら良いじゃ無いか、何故俺がその世界に行くんだ?」

「まぁ待て。しかしな、5年前に何者かによって魔王の封印が解かれたのだよ。そのせいで世界は大混乱」

「だから、俺に魔王を倒して欲しい、と?」

「いや、君は魔王を倒さなくても良い。」

は?何を言ってるんだ?

「一体どういう事だ?」

すかさず俺は質問をする

「1年後に勇者を召喚させるんだが、そのために大量の世界のイメージ、つまり情報がいるのだよ。」

「そうなのか?今更だがアンタは神様なんだろ?だったらどうにか出来ないのか?」

「確かにわしは神な訳だが、神は直接の干渉はできなくてな、出来るのは召喚と転生させることくらいなのだよ。だから転生者に情報を集めて貰い、勇者を召喚して魔王を倒して貰う、というわけだ」

「なるほど」

そういうことか、それなら俺は異世界に行くしか無いじゃ無いか。好きなジャンルだから良いけど。

「わかった。なら俺は異世界へ行くよ」

「おぉ、本当か!?なら早速準備をしよう」

さてと、みんなわかってもらえたか?事の顛末ってやつを。
俺はどんな職業になるのか…正直言うとかなりワクワクしてる

「異世界と銃とそれから君と」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く