クラスごと転移したら俺達だけ神を超えたらしい

貴島白

22話新たな仲間2

あれ?これは神獣フェンリル!?」
「マスターこの子神獣フェンリルです!かなり強いはずなのですがあんなにボロボロになっていたとなるとこのフェンリルより強い魔物が近くにいるはずです!」
「わかった!《空間把握》…あ!いた!1km先に人型?魔人かなぁ?」
まあいいか!サイレントアサシン
シュン・・・・・あ!倒れた!
「今倒したから死体持ってくるね!」

「これは邪神?ですかね?」
するとフェンリルが
『助けていただきありがとうございます。もしよろしければあなた様の従魔にしてくれませんか?』
「いいよ!じゃあまずクランズマンになって!」『うお体に力がみなぎる!』
「これでできた!これからお前はガブだからな後ステータス見るね?」
『わかった!主人!』

【読み仮名】フェンリル(ガブ)
【名前】フェンリル(ガブ)
【年齢】5200
【レベル】???
【種族】神獣、神狼
【体力】無制限/無制限
【魔力・神力】無制限/無制限
【筋力(物理攻撃、物理防御)】無制限
【精神(心の安定、一部のスキルに使用】無制限
【知能(魔法攻撃、魔法防御)】無制限
【幸運(クリティカル)】無制限
【速さ(素早さ)】無制限
【称号】虹のクランズマン、神を超えし者
【スキル】《人化》《狼召喚》《獣の感》
《ステータス説明》
《狼召喚》=自分の部下を呼び出せる
《獣の感》=危険を察知できる

神力が備わってる!まあ神獣だからか

まあひとまず帰ろ!
「ガブ!人化して 」
ボン!『これでいいか?」』「うん!」
「みんな俺にくっついて?」
「わかった!」『分かりました主人!」
「え!?まあいいけど?なんで?」
「「今から転移するから!」」
「ふーん・・・え!?」
「じゃあ行くよ!」《転移》

帰ってきたらまずみんなにこの子達を会わせないと!


「みんな〜ただいま〜」
「「「『お帰り〜』」」」
「みんなに紹介しよう!ナビーとルイとガブだ」「「『よろしくです』」」
「まあ私は!マスターの中にいたのでみなさんの事は知っていますが!」
「ふーんまあみんなよろしくね!」とセツラがみんなに言った

あ!俺の武器また強化しよう!
まあ妖力を詰めるだけだけど!

【武器名】冷鬼神刀  白夜丸
【階級】神魔妖刀・神器
説明
装備しているだけで周囲2kmの円の中にいる人、1人につき全ステータスが1グーゴルプレックスプレックスプレックス上昇する
この刀を抜くと血盟騎士団団長の呪いが宿りさらに全ステータスをあげるまた辺りが吹雪になり刀も氷結し始める
〈氷鬼神化〉
血盟騎士団団長が憑依して全ステータスを9999 グーゴルプレックスプレックスプレックス倍にする

まあ前よりキチガイに!

あとがき
すみません今回は短いです。
今ネタギレしているのですがコメントなどでやってほしい事などあればください!

「クラスごと転移したら俺達だけ神を超えたらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く