クラスごと転移したら俺達だけ神を超えたらしい

貴島白

13話ダンジョン攻略5

「妾を起こすのは誰だ!!」
なんだ?
[えーっと簡単に言うと魔王です。]
あ〜なるほど!
俺はセツラに念話で話た!
{セツラ!こいつ魔王だ!}
{え!そうなの?}
{だから俺にここは任せてくれ!}
{わかったよろしくね?}
そして念話終了と同時に《気配消失》を発動魔王の近くまで走っていく!

意外!美少女!

魔王の側まで寄ると《気配消失》を解除して魔王に話しかける。

「えーっと魔王さん?」 
「なんだ人間?お前何者!」
「えーっと今簡単に言います。魔王さんつい先日あなたを倒す名目で勇者が召喚されました。多分クソ弱いと思いますが面倒くさいですよね?」
「まあ勇者の相手は面倒くさいのは認める」
「そこで提案ですこのダンジョンをください!」
「はぁ?」
「おい小僧なに言っているんだ?」
「ここは魔王さんの家なのはわかりますが!そこで私と契約してくれませんか?」
「妾が小僧に?」
「はい!」
するといきなり魔王が提案してきた!

「なら妾と戦え十分だと思った契約しよう!」

まあ言うまでもないな

完全勝利!
「おい!お小僧名を何という?」
「樹!」「イツキかわかった!契約しよう!妾はアルメディアだ!アルで良い!」
「これからよろしくな!アル!」
「うむよろしく!」
「ところで!アル?ステータス見るよ!」「いいぞ!」
  従魔
【読み仮名】アルメディア
【名前】アルメディア
【年齢】1000
【レベル】2500
【種族】魔族、魔王
【体力】3642744/3642744
【魔力】4355458/4355458
【筋力(物理攻撃、物理防御)】5456456
【精神(心の安定、一部のスキルに使用】547054
【知能(魔法攻撃、魔法防御)】6576585
【幸運(クリティカル)】96598
【速さ(素早さ)】55653
【称号】魔王
【スキル】《全属性魔法》《魔王の覇気》
《ステータス説明》
《魔王の覇気》=魔王が持つ特性殺気と大体同じ

「うーむわかった!」
「じゃあイツキのも見してくれ!」
「いいよ!ならみんなにも見せてもらう!」
「みんなとは?」
「おーいセツラ!フィル!おいで!」
『なんだ?』「なに?」
「まあこれから仲間になるアルだ!仲良くしてやってくれ!」
「うん!了解!」『わかったぞ!ご主人』
「ほらアル!挨拶して!」
「アルメディアだ魔王だが仲良くしてくれ!」
「『魔王!!』」
「魔王ってこんなに可愛いかったんだ 」『魔王か、かなり強い?』

「なあみんな!みんなで一斉にステータスを見せ合わないか?」
「『賛成〜!』」
「「『じゃあせーの!」」』

【読み仮名】ヤガミ イツキ
【名前】八神 樹
【年齢】16歳
【種族】???
【レベル】???
【体力】無制限/無制限
【魔力・神力】無制限/無制限
【筋力(物理攻撃、物理防御)】無制限
【精神(一部のスキルに使用)】無制限/無制限
【知能(魔法攻撃、魔法防御)】無制限
【幸運(クリティカル)】無制限
【速さ(素早さ)】無制限
【職業】創造者、錬金術師
【称号】
召喚されし者、理りを知り破壊する者、神を超えし者、神を従えし者、七色の王(白銀の王、黄金の王、赤の王、青の王、緑の王、灰色の王、無色の王)
【スキル】《完全創造》《スキル生成》《全属性魔法(火、水、風、土)》《神精霊魔法》《神聖魔法》《召喚魔法》《魔法付与》《無詠唱》《分解》《再構築》《念話》《スキル譲渡》《時空間魔法》《魔力共有》《転生》《分身》《ステータス保持》《記憶保持》《ナビゲーション》《思考共有》《転移》《気配消失》《殺気》《空間把握》《全世界辞典》《王の覚醒(永続中)》

【名前】桂木  セツラ
【年齢】16歳
【レベル】1520グーゴルプレックスプレックスプレックス
【種族】???
【体力】5323グーゴルプレックスプレックスプレックス/5323グーゴルプレックスプレックスプレックス
【魔力】無制限/無制限(魔力共有)
【筋力(物理攻撃、物理防御)】48グーゴルプレックスプレックスプレックス
【精神(心の安定、一部のスキルに使用)】58グーゴルプレックスプレックスプレックス
【知能(魔法攻撃、魔法防御)】9999グーゴルプレックスプレックスプレックス
【幸運(クリティカル)】6931グーゴルプレックスプレックスプレックス
【速さ(素早さ)】4725グーゴルプレックスプレックスプレックス
【職業】神官、聖女、賢者、神を超えし者
【称号】転移者、生命神の祝福 、神官、聖女、神を超えし者
【スキル】《神聖魔法》《鑑定》《魔力共有》《記憶保持》《ステータス保持》《操作》《転生》《分身》《念話》《思考共有》《転移》《全属性魔法(火、水、風、土)》《無詠唱》

 従魔
【名前】神滅龍バハムートカイザー(フィル)
【レベル】62不可説転
【種族】神滅龍
【階級】神級
【体力】1683不可説転/1683不可説転
【魔力】3825不可説転/3825不可説転
【筋力(物理攻撃、物理防御)】6453不可説転
【精神(心の安定、一部のスキルに使用)】8356不可説転
【知能(魔法攻撃、魔法防御)】7372不可説転
【幸運(クリティカル)】8467不可説転
【速さ(素早さ)】7246不可説転
【称号】神殺しの龍、神を超えし者
【スキル】《意思疎通》《絶対無効の鱗》《全属性ブレス》《人化》

【読み仮名】アルメディア
【名前】アルメディア
【年齢】1000
【レベル】2500
【種族】魔族、魔王
【体力】3642744/3642744
【魔力】4355458/4355458
【筋力(物理攻撃、物理防御)】5456456
【精神(心の安定、一部のスキルに使用】547054
【知能(魔法攻撃、魔法防御)】6576585
【幸運(クリティカル)】96598
【速さ(素早さ)】55653
【称号】魔王
【スキル】《全属性魔法》《魔王の覇気》

「わー!みんな妾より強いではないか!特にイツキ!なんだ?そのステータスは人間か?」
「まあいいだろう?それよりこのダンジョンの制御部分に連れてって?」
「わかったなら来い!」
「わーい!」
「何か樹の子供の頃を思い出すな!」
子供の頃はあんな感じにはしゃいでいたのに


「着いたぞ!」「まあまず《分身》」
「イツキが増えた!」
「次に《スキル譲渡》《ナビゲーション》じゃあお前はナビの自由行動で!」
[良いですか!]
「そのかわりお前はこのダンジョンを管理してくれ!」
[わかりました!マスター]
「よし帰ろうか!」
「「『うん!』」」
「ナビはここにいて?」
[了解です。マスター!]

そして屋敷に帰った俺たち4人は皇王の所に報告しに行くまでゆっくりしました。

「クラスごと転移したら俺達だけ神を超えたらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く