クラスごと転移したら俺達だけ神を超えたらしい

貴島白

4話ドラゴン討伐そして次の街へ?

「ドラゴン討伐ですか?」
「それってどんなドラゴンですか?」
「まあお前らにとってはおいしいお肉程度やつだろうが俺らにとっては脅威だから討伐してほしいんだ!名前はファイヤードラゴン、ブレスが強力だから気おつけろよ!」
「フーン」
ナビー!ドラゴンってどんなやつ?
[ドラゴンには下級、中級、上級、超級、神級があり大体の冒険者は中級から倒せません!]
そんなに強いの?
[いえ大体の冒険者が弱いのです]
ほー
「意外と弱いらしい。」
「そーなんだ!」
「なあカインさん!そのドラゴンってどこにるの?」
「南西にある山の頂上だ!」
「わかった!行ってくるよ!」


南西の山の頂上


「ドラゴンってあれかな?」
ナビードラゴンってあれ?
[はいそうです]
「あれだね」
「じゃあ倒そうか!」
「待って!」
「え?」
《スキル穣渡》…《神を超えし者》を穣渡しました。
「俺のスキルを1つあげた」
「何くれたの?」
「《神を超えし者》」
「なんで?」
「お前はもうレベル上限に達したいるみたいだから!」
「へーありがとう」
「じゃあ倒そう!!」

5分後


ドラゴンは倒された

「鱗硬かったねー」
「そうだね」
「回収して帰ろう!」
なんか他にいないかなぁ?
[召喚魔法でドラゴンを召喚してみては?]
そんなことできるのか?
[可能です。]
「待って!」
「なーに?」
「召喚魔法を使ってドラゴンを仲間にした!」

《召喚魔法》


神滅龍バハムートカイザー

『ギャーーン』

「おー出た!ステータス見てみよう!

   従魔
【名前】神滅龍バハムートカイザー
【レベル】1
【種族】神滅龍
【階級】神級
【体力】無尽/無尽
【魔力】無尽/無尽
【筋力(物理攻撃、物理防御)】無尽
【精神(心の安定、一部のスキルに使用】無尽
【知能(魔法攻撃、魔法防御)】無尽
【幸運(クリティカル)】無尽
【速さ(素早さ)】無尽
【称号】神殺しの龍
【スキル】《意思疎通》《絶対無効の鱗》
《ステータス説明》
《意思疎通》=全ての種族と対話できる
《絶対無効の鱗》=全ての魔法、物理、無効(一定のダメージまで)


おー!!!!!!
強いのか?
[それなりですがドラゴンの中で一番の強さを誇ります]
ふーん
[ちなみにマスターのスキルで従魔になっています]
ほーそれは頼もしい
「ねえねえ何この子」
「神滅龍バハムートカイザーっていうドラゴンだよ!僕らの新しい仲間!」
「わかった!名前は?」
「うーんとフィルでいいかな?」
「いいと思うよ!」
『ギャーン』
いきなりフィルは小さくなってひっついてきた!
「「ヤバイ超可愛い!」」
2人の声が揃っていた
「じゃあフィルが仲間になった事だし戻ろうか?」
「戻ろう!」



ギルドのカウンターで


「マスターを呼んでくれ!」
「わかりました。呼んできます。」

3分後

「すみませんお待たせしました!では中へどうぞ!」
「おー帰ってきた早かったな!」
「ドラゴンは倒したんだな?」
「はい2人で!」
「そうか!はい受領証と金」
今回のクエスト報酬は金貨10枚だった
「ところでそのドラゴンはなんだ?」
「新しい仲間です。」
「お前の従魔か?」
「はい!」
「そうかならカウンターで従魔登録しておいてくれ!」

カウンター
「すみませーん」
「はーい」
「はいなんでしょうか?」
「この子の従魔登録をしたいと思いまして」
「わかりましたではこれを書いて下さい」
「はい終わりました!」
「はいフィルちゃんですね?」
「ではこれを付けて下さい」
そして渡された首輪をフィルにつけカウンターを後にした2人と1匹は一旦宿に帰って相談をしていた
「この街でやる事なくなったねどうする?」とセツラが
どこかいい場所ないかな?
[ダンジョンがありますそこならマスターも楽しめるのでは?]
ダンジョンか〜行ってみたいな〜
[東の森を過ぎたところに街のはずれにあります]
へー行ってみよう!
あ!そうだ!武器無いじゃん!

地球の武器を作るか!
何がいいかな?
そうだ!銃を作ろう!
弾は魔法で!
後刀!

《創造魔法》…《武器生成》魔法銃、短刀

【武器名】魔法銃
【階級】???
説明
全ての魔法又スキルなどのユニーク魔法を撃てる
状況に応じて形を変えることができる

【武器名】冷刀  白夜丸
【階級】妖刀
説明
周りの人が多いだけステータス上昇する
この刀を抜くと辺りが吹雪になり氷結し始める
血盟騎士団団長の呪いの刀

おー凄そう!
 [かなり性能は高いと思います!]
あ!セツラの武器忘れてた!

《創造魔法》…《武器生成》神の魔導書

【武器名】神の魔導書
【階級】???
説明
使える魔法の数に寄ってページが増える
魔法威力上昇(恒河沙)


「セツラ!はい!」
「何この本?」
「お前の武器!」
「魔導書?」
「これを持って次の街に行こう!」
「え!?うんわかった!」
[街までの道のりは私がナビゲーションします!]
「行こう!」

「クラスごと転移したら俺達だけ神を超えたらしい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー321350

    308173←それな( ´-ω-)σ

    0
  • ノベルバユーザー320136

    スラスラ話が進んでって記憶に何も残らない感じ

    2
  • ノベルバユーザー308173

    なんか凄い流れてる
    次、次って感じ

    3
  • みかづき

    ドラゴン討伐が金貨10枚は低い。
    誰もやらない

    5
コメントを書く