話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様の手違いで異世界クラス転移~この世界はめちゃくちゃだ!~

BLACKArcher

17話ダンジョンの後で王様のお話

ある日、勇者たちがダンジョンに強化合宿に行った。その中で俺には友がいた。それは、黒井悠斗だ。だが、その悠斗は旅に出ると言い、俺にアーティファクト「ベータ」を渡してきた。俺は友情の証だと思い、嬉しかった。だが、ダンジョン合宿から2日、3日たったある日、ベータが消滅してしまった。俺は何かあったのかと思い、すぐに騎士の1組を様子見に行かせた。だが、帰ってきた時はみんな特に異常はなかったそうで、勇者たちに聞いても何も無かったそうだ。ついでに勇者たちには悠斗の件については伏せておいた。そこでだが、悠斗のことであまり気になってなかったが娘が最近顔を出さなくなったことを思い出した。俺は周りのメイドに娘を見なかったか?と聞いたが見ていない。と言われた。俺はそこで嫌な感じがした。そこで猛ダッシュで娘の部屋に行った。
「おい、システィーナ、いるか?………スマンが入るぞ。………おーい、システィーナどこにおる?ここか?…いない。それともここか?……ここにもいない。」
俺はそう言いながら部屋中を探しようやく悟った。娘が行方不明になったことを。
「何故だ!何故、悠斗に続き、システィーナまで行方不明になる。……あいつまさかついて行ったのか?……いや、それはないだろな。システィーナは悠斗を嫌っておったし、まず、悠斗とベータが消えた説明になっていない。……うーむ、仕方ない。一旦、勇者たちに行方不明になったことを話すか。」
そう言い、俺はシスティーナの部屋をあとにし、メイドにすぐに勇者たちを王の間まで集めよ。と言った。
そこから数分後、
「諸君よく集まってくれた。今回集めた理由は君たちの仲間の黒井悠斗くんと私の娘システィーナが行方不明になったことだ。黒井悠斗くんはダンジョンの強化合宿の時に、システィーナは最後に見たのはダンジョンの強化合宿の前日の朝に朝食で一緒になったぐらいでその後がわからん。スマンが、君たちには任務をやりながら、2人の捜索をしてもらいたい。報酬はもちろん出す。」
そう言い終わると、みんながざわめき始めた。「おい、王女様に何かあったのか?」とか「黒井のやつ何してんだ?」とか「あいつまさか王女をさらって行ったんじゃないだろうな?」など様々なことが囁かれていた。
「すみませんが、他に手がかりとかはないんですか?」
そういったのは、桜井だった。
「すまんが、手がかりは黒井くんを最後に見たのは二十階層まででなぁ。それ以外に2人の情報はない。………すまん。」
と王様が謝ったところでまたざわめき始めた。
「顔を上げてください。だとしたらかなり大変な捜索ですね。時間がかかるかもしれないですがよろしいですか?あくまでも魔神や魔王討伐を優先しますので。」
「あぁ、済まないが頼んだぞ。………では、話は以上だ。諸君帰ってくれて構わんぞ。付き合わせてすまなかったな。」
そういった後、みんな各自で解散して行った。だが、そこで男子3名女子1名が残っており、俺のところによってきた。
「すみませんが、王様。私は高村直也と言いますが、僕は悠斗を探す為に商人になろうと思います。元から僕の能力はそっち向きだったので。よろしいでしょうか?」
「僕達は、僕は康太、左にいるのは桃也と言います。僕達2人は直也や桜井くんみたいにどっちの才能もないので冒険者として旅に出たいと思います。少しくらいなら出来るので。それに、もしかしたら王女様や悠斗のやつに会えるかもしれないので。」
「私は天道朱里と言います。悠斗くんがいなくなったって本当なんですか?でしたら、捜索隊を作ってもいいですか?本当は3人と同じようなことをしたいですが、私は数少ないヒーラーです。なのでみんなを見捨てる訳にはいきません。だから私は捜索隊をつくり、ダンジョンで悠斗くんを探したいと思います。………悔しいですが、今は力が足りないので修業して力をつけたら。どうでしょうか?」
と全員がそれぞれの意見をぶつけてきた。
「……うーむ、出来れば君たちを失うかもしれないからそういうことは避けさせたいのだが、この際仕方が無いだろう!全員の意見許可する!これからは自由にするがいい!」

「「「「…あ、ありがとうございます!」」」」
とと4人は声を揃えて頭を下げて言った。
そのあとは、みんな解散して、男子3人は荷物をまとめ、翌日の朝早くに出て行った。
俺は、二人の身が心配で食事も喉を通さなかった。だが、私は必ず2人とも無事だということを願い、毎日きちんとすごしていった。

「神様の手違いで異世界クラス転移~この世界はめちゃくちゃだ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く