神様の手違いで異世界クラス転移~この世界はめちゃくちゃだ!~

BLACKArcher

6話特訓について

次の日の朝、かなり早くに目が覚めた。と思った。本当は7時位でメイドさんが朝食の準備が出来たと報告に来ていた。そう言えば昨日は気にしている暇がなかったせいか時間の感覚は前の世界と同じみたいだ。四季もあるし。そう考えながらのっそりとベッドから降りてでかいあくびをしながら顔を洗い食堂についた。ちなみにほとんどみんな揃っていた。
「おい、黒井遅せぇよ!何ちんたらしてんだよ!みんなを待たしてるのがわからねぇのか?」
出たよ。いつも俺にちょっかいを掛けてくる勇気の友達の沖田が。それに続き、宮本や鈴森が俺に絡んできた。
「本当におせぇぞ。何してんだよ?あ、もしかして朝の後始末でもしていたのかな?童貞のボッチくんなら仕方ないかー!あははははっ!」
「マジか!それはウケるなー!おい、どうなんだよ?シカトしてんじゃねぇぞ?答えろや!」
それに少しイラッときた僕は冷静を取り戻しながら、
「ごめんごめん、ただ寝坊しただけだよ。前はもうちょっと寝てたからね。シカトするつもりはなかったんだ。」
そんなことを言いながら火花を散らしているとそこに空気をできれば読んで欲しかった。天道さんが、
「あ、おはよぉ〜♪悠斗くん。夜はよく眠れたー?私は少し寝不足かなー。あ、そう言えばご飯の席は自由だったよね?席隣にしよー♪」
「あぁ、そ、それは別に構わないけど。あ、それじゃ鈴森くん、宮本くんご飯食べよ。」
「ちっ、言われなくてもわかってるよ。・・・後で覚えてろよ?」
「ちっ、天道さんと席が隣になったからって調子に乗るなよな?」
「天道さんはお前がぼっちだから慈悲をくれているだけだからな?間違っても好意を持っているのかな?とか勘違いするなよ?行くぞ、お前ら。」
と色々なことを言われながらみんな席に着いた。席につき朝飯をみんな食べ始め、楽しく終わりを迎える頃に王様が、
「皆さま昨日のお話の続きです。まず、皆さまは勇者様を控え、様々な力を持っていると思われます。ですがあなた方はまだその力をつかいこなせていないと思います。そこで、うちの騎士団長ハヤテに武術、うちの娘システィーナに魔法とこの世界の常識についてなど教わってはいかがかな?」
なるほど。それはいい案だ。たしかに俺らは能力を使いこなせるかも怪しいところだからな。すると勇気が、
「その提案ありがたく受けたいと思います。助かります。」
「そうか、良かった。ではこの後、ハヤテに武術、システィーナに魔法を教えてもらうといい。どっちに行くかは自由じゃ。日に変えても良いぞ?では、解散じゃ。」
そう言ったあとみんなはいつものグループで集まってどっちに行くか相談していた。俺は、直也と康太、桃也と話し合った。結果、直也は魔法の基礎を教わったあと、この街の図書館に行くらしく、康太と桃也は魔法の適正が強いらしいので、魔法を教わるらしい。本音は、システィーナさんが可愛いのでお話して見たいとかくだらない理由が大きかったりするがそれは置いておく。
「それで?悠斗はどうするんだよ?武術か?魔法か?」
と直也が聞いてきた。
「俺は一応どちらも行けそうだけど、今日は武術にしとこうかな?その後図書館に行こうかな?そこで魔法とかについて勉強するよ。」
「へえー、武術に行くのか。なら後で図書館で会おうぜ。」
おう、と言い俺達は別れた。


「神様の手違いで異世界クラス転移~この世界はめちゃくちゃだ!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く