みかんのきもち

名前はまだない

6.朝ごはん

「おじさんは、また出張しゅちょう?」
「そうそう。お父さんが居れば寝坊しなくてむのにね」
「子供じゃないんだから自分で起きなよ! いや……おじさんがいない日だから寝坊出来るのか……。相変あいかわらず仕事、忙しそうだね」
「『仕事は出来る人間の元へ集まってくる』ってお父さんいつも言ってる」
「か、カッコイイ……」
「ところで修斗しゅうと、朝ごはんは食べたの?」
「食べてないよ! 朝ごはん食べない派なんだよねー!」
「こら。 朝ごはん食べないと元気でないよ? 軽くなんか作るから、ちょっと待ってて」

 そう言い残し、「えー、別にいいよー」とブーれている修斗しゅうとを残し、カウンターキッチンへ向かう。
 白とピンクを基調きちょうとした清潔感せいけつかんのあるシステムキッチンだ。

修斗しゅうと、朝は洋食ようしょく和食わしょくどっちがこのみ?」
普段ふだん食べないからあれだけど、どちらかと言うとパン派だから、洋食派かなー?」
「何でも『派』をつけるんじゃありません」
「やっぱ、お母さんみたいだねー」

 修斗しゅうとあきれた様にケラケラと笑っている。
 冷蔵庫れいぞうこを開け、仁王立におうだちの格好で、中身を確認する。さて、何を作ろうかな。
 まずは野菜を取り出し、サッと洗って適当にボールへけ、最後にこなチーズとクルトンをらし、ドレッシングをふる。
 イングリッシュマフィンに軽くバターをってからオーブントースターに入れ、それと同時進行でフライパンでベーコンを軽くあぶる。
 ジューっという耳心地みみごこちの良い音と共に、胃袋いぶくろ刺激しげきするこおばしい香りが部屋中に充満じゅうまんしていく。ぐう……と私のお腹が鳴ったのは内緒だ。

 焼きあがったイングリッシュマフィンにレタスとトマトとベーコンを乗る。更に、ベーコンから出た油を利用して作った目玉焼きめだまやとケチャップを重ねて、最後にもう一枚のマフィンでふたをして完成。
 スープは……インスタントのコーンスープでいっか。

「お待たせ」
「お、おぉー! 軽く作ったってレベルを超えている……いっただきまーす!」
「はいどうぞ」

 幸せそうに料理を頬張ほおば修斗しゅうとながめながら、調理ちょうりに使用した器具の洗い物を済ませる。

「う、うまーい! 天才か?!」
「いやいや、誰が作ってもおんなじ味になるからね?」

 と、答えたものの、あれだけ美味しそうに食べてもらえたら作ったこっちも悪い気はしない。
 あらかた片付けを済ませ、珈琲をれて修斗しゅうとの向かいの席に着く。

「なんかなごむねえ」
「そうだね! ご飯も美味しかったし、眠くなってきちゃったよ」
「もうさ、このまま休んじゃおっか?」
「そーだねー……ってダメダメ!」
「もうひと押し足りなかったか」
「危なかった。危うく悪の道に引きずり込まれるところだったよー」
大袈裟おおげさだなあ。修斗しゅうと真面目まじめだね」
「べ、別に真面目まじめじゃないってば!」
「ツンデレか」
「別にアンタの為に朝ごはん食べた訳じゃ無いんだからね?! 栄養摂取(えいようせっしゅ)の為なんだからね!」
「ツンデレ……なの? それ」
「分かんない!」
「でも残念だったね。そろそろ珈琲に入れておいた薬が効いてきたはずだから」
「えっ?! そ、それでさっきから強烈な眠気が……?」
「いや、入れたの青酸カリなんだけど……」
「ガチで仕留しとめにきてる?! 
って、バカやってるのも楽しいけどさ、高橋たかはしさんとも約束してるんだし、そろそろほんとに学校行こうよ!」
「あー、うん。そだね。それじゃあ行きますか」

 家 うちから学校までは普通に歩けば15分程度で着いてしまう距離きょりだ。
 朝、とは言いがたい時間のせいか、やや強めの日差ひざしが体温を上昇させる。
 六月も中旬ちゅうじゅんだというのに、今年はあまり雨が降らない。かと思うと、一度降り始めたら夕立ゆうだちの様などしゃ降りになる事が多い。
 雨は別に嫌いでは無かったけど、突然降り出してビショビショになるのは勘弁かんべんだ。
 私の隣を歩く修斗しゅうとは、何もないのにいつも楽しそうに見える。まるで子供みたいだ。
 たぶん雨が降っていてもかさをさし、水たまりをけながら楽しそうに登校とうこうするのだろうな、と想像すると、こらえきれず、笑いがこぼれる。

美柑みかん、何笑ってるの?」
「ん、別に。気にしないで」
「なにそれ、めっちゃ気になるんですけど!?」
「いやね、遅刻してるの見つかったらどうやって修斗しゅうとりにしようか考えてたの」
「ひ、ひどい!」
「うそうそ。怒られる時は一緒に怒られてあげるよ」
「そもそも美柑みかん所為せいで遅刻したんだけど?!」
「そうだっけ?」

 漫画みたいなオーバーリアクションでぷんぷん怒っている修斗しゅうとを見ていると、再びくすくすと、笑いがあふれ出たのは、いうまでもない。

「みかんのきもち」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く