異世界召喚ゴムパッチン理論 〜自由意志ゼロの二世界往復、異世界で最強でも現世界ではいつも死にそうです

観音寺蔵之介

第二十七話(一)「今からでも遅くないかと」

  ぼくは今、何が起こったのか理解できずに、呆然としていた。
  ただ事実だけを述べるなら、朝倉先輩は今、 を話していた。ぼくを ハイアート様」と呼んだ。
  彼女にはダーン・ダイマのことは一切教えていないし、仮に教えていたからといっていきなり流暢に言語を使いこなせるはずもない。
  ヘザを喪ったショックで、ぼくの頭がおかしくなったのかもしれない。夢か幻覚を見ているのかも──
  ふと気づくと、ぼくは身体に締めつけられるような圧迫感を覚えていた。暖かい。ほんのりと花のようないい香りがする。
  その原因は、朝倉先輩がぼくの胸に頭を預けてぎゅ〜っと抱きついているからなのだが──五感をフルに刺激する強烈な幻覚とか、重症にもほどがある。
 ……あ、朝倉先輩。ちょっと、離れてください」
  本当に幻覚だとしたら馬鹿らしいが、一応、節度を求めてみる。
  彼女はあっと感嘆を上げて頰を赤らめると、顔を袖で拭いながら立ち上がり、一歩下がってひざまずいた──手を胸の前で交差させて、頭を垂れて。
 大変失礼しました。ハイアート様、無礼をお赦しください」
  ダーン・ダイマ式の最敬礼──その立ち居振る舞いが、かの女性とぴったり重なり、ぼくはぶるぶると頭を振って混乱を振り払おうとした。
 先輩……何で、それを……あなたは一体……?」
 お分かりになりませんか?  ヘザにございます」
  ヘザ?
  ますます、朝倉先輩の言っている意味が分からない。だって、ヘザは──
 ……重々承知しておりますが、本当に鈍いお方ですね。私はヘザです。ヘザ・エンプ=オツオロ、魔界防衛大隊参謀にしてゲイバム王国近衛軍精霊術師隊副隊長、そしてあなた様の忠実なる従者であるところのヘザでございます、ハイアート様」
  そう言って顔を上げ、朝倉先輩は、柔らかな微笑みを浮かべた。
 ……ぼくは、本格的におかしくなってしまったようだ。たぶん現実を受け入れられないんだ。ヘザが──ヘザが、死んだことを」
  顔を両手で覆い、ぼくは何度も頭を横に振った。ポンと肩に手を置かれる感触がした。
 ……私は、確かに死にました。それから、なぜかは知りませんが、今まで朝倉映美として生きて──そして思い出したのです、私がヘザとして生きていた時の、すべてを」
  先輩が、ぼくの手を取って、顔をのぞき込んでくる。少し困ったように目を細めていた。
 私は朝倉映美……ですが間違いなく、ヘザでもあったのです。信じてください、私は、ヘザなのです」
 そ、そう言われても……あり得ないよ、ヘザは──」
  彼女はむっとした表情になり、視線を逸らそうとするぼくの頭を両手で挟み込んで自分の方に向けさせた。
 もう!  そんなに信じていただけないのなら、エリンズ王宮での舞踏会の話をしてしまいますよ?  あれは六年前のこと、エリンズ騎士王国の舞踏会に招かれた時、ハイアート様はあろうことかモジン公爵夫人のドレスの裾を踏んづけて──」
 わ、わーっ!  ヘザ、その話はもう二度としないって約束──」
  あっ。
 ……ええ、ハイアート様。ヘザは、もう二度とそのお話はしないとお約束します」
  再び、にこりとして、朝倉先輩は言った。
  まさか──まさか、本当に──
 ……ヘ、ザ……ヘザ、なの、か……?」
 だから何度も申し上げておりますでしょう。ハイアート様、再びお逢いできましたこと……本当に嬉しゅうございます──」
  先輩の目に、再び、涙がにじみ出す。
  なぜ。どうして。
  分からない。分からないけど。
  そんなことはどうでもいい。
  どうでもいいんだ。
 ……あ、ああ、ヘザ……ヘザああぁぁぁ────」
  ぼくは叫んだ。そして、泣いた。
  床にへたり込んで、顔をくしゃくしゃにして。
  恥も外聞もなく、ただただ、ぼくは子どものように泣きじゃくった。
  
  カチリとリモコンを押す音がして、部屋が明るく照らされた。
 落ち着きましたか、ハイアート様」
  朝倉先輩に声をかけられ、ぼくは部屋の隅っこに向かっていわゆる体育座りをした格好のまま、こくりと首を縦に振った。
  時間が経つにつれて冷静さを取り戻すと、四十路にもなって大泣きした自分が恥ずかしくなり、先輩に顔向けできずにこんな有様になっている。まったくもって情けない。
 ……もう、こっちを向いてください。恥ずかしいことなんてありませんよ。いくつになったって、泣きたい時は泣いていいものです。それに……」
  両肩に手が置かれる感触がして、ぼくは心臓を小躍りさせた。
 私は、とても嬉しいのです。私のために泣いてくださることが──そのことだけでも私は、死んでよかったと思います」
 いや、死んでいいわけないでしょ!」
  思わず、振り返りざまに手の甲で肩をぺしっと叩く。
 ナイスツッコミです、ハイアート様。さすがは人生イコールツッコミの男ですね」
 そこは否定して。お願いだから」
  ニヤリと笑んでサムズアップする先輩に、ぼくはがっくりとうなだれた。
  ずっとダーン・ガロデ語で話していて、話し方は実にヘザっぽいのに、やっぱり彼女は朝倉先輩でもあるのだ。
  とても奇妙で、複雑で、不思議な気分だ。
 まぁ確かに、死んでよくなかったこともございます。ハイアート様のせいですからね」
 な、何が、ぼくのせいなんですか……」
 ハイアート様があの時ご命令くださらなかったから、私、のまま死んでしまったんですよ。どう責任取ってくださるんですか」
  朝倉先輩が切れ長の目でじろりとにらんできて、ぼくは目を丸くしてたじろいだ。
 え!  いや、それぼくに責任があるの……?」
 もちろんです。日本ではいざ知らず、ダーン・ダイマでは何年も行動を共にするような女に、まったくお手をつけられない方が常識的に考えておかしいんです。ハイアート様の責任に他なりません」
 そ、そうかな……責任があるなら果たすべきだけど、どうしたら──」
 それにつきましては、今からでも遅くないかと」
 ……………………は?」
 過去のことは仕方ありませんから、今から、夜のお務めをさせていただくということで」
 ……い、いやいやいや。無理無理無理」
 そうですね、今ここでというのも唐突な話ですよね。では先渡しにチューだけでも──」
  目を閉じて、唇を突き出してくる。
  この、隙を見せればグイグイくる押しの強さ。
  本当にヘザと同一人物なのか、分からなくなってきた。
 しませんよ!  ダーン・ダイマではいざ知らず、ここは日本なんですから節度を守っていただかないと。そこんとこは、ヘザでも朝倉先輩でも変わりません」
 ……分かりました。ですが、いつか責任取っていただきますからね、ハイアート様」
  先輩は舌打ちしつつ、腕組みをして不満げな顔を表す。ぼくはほーっと長いため息をついて、彼女の真正面に向き直った。
 ──何というか、まだ、混乱しています。ぼくの中ではヘザと朝倉先輩は別人で……それぞれに応じた接し方というものがありましたから、どう対処したものか……」
 それは、私も──急にヘザの時の記憶が戻ってきたものですから、戸惑いはあります。今思うと、存じ上げなかったこととはいえ、ハイアート様に失礼なことばかり……お恥ずかしい限りです」
  朝倉先輩が、頬に手を当ててうつむく。ヘザならあり得る言動で、先輩ならあり得ない言動を、先輩の姿で目の当たりにするというカオスな現象を、自分の中でうまく整理できない。
 えーと、そうですね……ここではあなたは朝倉先輩ですし、ぼくもシラカー・ハイアートではなく白河速人です。特別なことでもない限りは日本語で話して、表面上だけでも学校の先輩後輩の間柄で通していただけますか」
 ……はい、了解しました。ハイアート様、ご無礼な点がありましても、何とぞご容赦ください」
 『ハイアート様』もダメですよ。普通に呼んでください」
 あっ。すみません、ハイ、や、速人──君?」
  どうやらヘザで呼び慣れた ハイアート様」と、朝倉先輩の立場で呼んでいた 白河君」が彼女の中でごっちゃになって、新しい名前の呼び方が爆誕してしまったようだ。
 速人君」という比較的フランクな呼び方がよっぽど恥ずかしかったのか、先輩は見る間に顔全体を真っ赤に染めてしまった。
 も、申し訳ありません!  うっかり──」
 いいですよ。呼びやすかったのなら、これからそう呼んでください。まぁ、ぼくも少し、尻がムズムズしますけど」
 は、はい。了解です……は、速人君」
  そう呼ぶたびに、朝倉先輩の顔の周囲の火精霊が驚くほど増えていく。それを見て、ぼくはふと思いついた。
 そういえば先輩。今──精霊や魔素が見えてますか?」

「異世界召喚ゴムパッチン理論 〜自由意志ゼロの二世界往復、異世界で最強でも現世界ではいつも死にそうです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く