Aprikosen Hamlet ―武蔵野人狼事変―

スライダーの会@μ'sic Forever

第庫話「吊られし者」THE HANGED MAN

  第庫話「吊られし者THE HANGED MAN



「『人狼』は必ず、この中に居ます。俺は、それが誰かも知ってます。でも、その理由は言えません。言えば、『本人』は偽装しようとしますから」

「馬鹿馬鹿しい! そんな話、付いて行けないよ! 僕は本門寺に向かうから…あれ? 扉が開かない…え、どうなってるの?」

「逃げられないよ! 俺が、鍵を閉めたからなっ!」

「おいおい、勘弁してくれよ…そういう勝手な真似をするんだったら、俺達にも考えがある! そのガラス、防弾じゃないよな? んじゃ、無敎の銃で一撃だ…あれ、ない!」

「武器は、皆さんが起きる前に、回収させてもらいました。そして、今は…俺の手にあります」

「夜慧、レールガンを下ろしなさい! 如何なる情況でも、味方に銃口を向けるのは、認められないわ!」

「味方? 本当にそうなの? 今にも俺達を喰い殺そうと思ってる敵が、この中に居るんだよ!」

「﨔木、お前…ふざけるのもいい加減にしろ!」

「星見、早まるな! 今、レールガンは﨔木さんの手にある…ここで戦っても、勝てない」

「ちっ…面倒だな」

「アラームが鳴ったら、執行します。例え、もう『人間をやめた』存在であっても、良心が残っているなら、今のうちに自供してくれませんか、人狼さん?」

「…あぁもうっ! 全く、どうすれば良いんだよ?」

「簡単な話だ。私達全員がアリバイを示して、ヒトである事を証明すれば良い」

「どうやって? 昔はともかく、今の俺達は『アプリコーゼンの村人』であって、それ以上でも以下でもないだろ?」

「その通り、皆『村人』なんだよ。﨔木さん…お手前は、この中に犯人が居ると主張しているが、その前提が誤っている。例えば、もし僕が化物だとしたら、昨夜に﨔木さんと会っているわけだから、そこでお手前は喰い殺されていたはず。でも現実には昨晩、何ら事件は起きなかった。事件が起きなかった以上、当然ながら、犯人も存在しない」

「まあ、普通はそう考えますよね…」

「恐らく﨔木さんは、ヨーロッパの『魔女狩りゲーム』に着想を受けて、そういう事を言っているんだろうけど、あれは本来、『一夜ごとに村人が一人死ぬ』というルールに基づいている。誰も死んでいない以上、ここには魔女も、狼人間も居ないと考えるべきだ」

「同感」

「惨劇が起きてからでは、遅いんです! 例え昨夜が無事でも、今宵が安全である保証なんて、どこにもないじゃないですか!…時間切れです、処刑します」

「だから、誰を? もしかして、先生?」

「いいえ。人狼は、お前だよ…アララギ!」

「ほう…この私を化物認定とは、興味深いじゃないか。何故そう言い切れる?」

「お前は俺達の中で、最も理知的に行動して来た。生田と星見ちゃんを、この密室の『村』に導き、俺達と寝食を共にするよう仕向けた…それは、俺達を襲う意志があったからだろう!」

「売れない三流作家並みの迷推理、いや妄想とは恐れ入った。策士を以て人狼など、片腹痛い。もしヒトが哺乳こう食肉ネコもくイヌ科の獣類friendsに『退化』すれば、脳容積も縮小し、その言動に大幅な変化が見られると思うが?」

「遺言を受け付けました。では、ゲームオーバーです」

 﨔木夜慧は、トリガーを引いた。

「夜慧! やめなさいっ!」

「死ねえェーッ!!」

「やめろ! よせっ!」

 間に合わなかった…。

「あ…塔樹君!」

「…済まない…みん、な…」

 凶弾は塔樹無敎の心臓を貫通し、彼の背後に掛けられていた白板whiteboardと、更にその背後の窓ガラスに痛々しい痕を刻み込んだ後、再び「村」は静まり返る。だが、それも一瞬でしかない。

「死ぬな無敎、死なないでくれ! 死ぬ前にせめて、俺のセーブデータを返せぇーッ!」

「…ふっ…はははっ…これで、俺達は助かった…人狼は死んだ、俺達は生き残った…俺はもう、何も失わなくて良いんだ! 友情も、未来も、何もかも! 俺は、今度こそ…守り抜けたんだ! 俺自身の、運命を…!」

「﨔木、手前てめえ…!」

 斎宮星見が、その眼に明白な怒りを示すのとは対照的に、寿能城代は冷静な表情のまま、白板に接する窓を眺めた。室内の狂気染みた雰囲気にもかかわらず、レールガンで割れた間隙かんげきから、明るい直射日光が降り注いで来た。そして、パルス障害で使えないはずの、携帯電話を開いた。振り向く頃には、次の事態が待っている。

「…どうして? どうしてこんな事を! 答えなさい、長門夜慧っ!」

「まあ一同、取り敢えず餅搗もちついて。﨔木さん、あなたが殺生せっしょうの罪に問われる事はない。何故なら…」

「当たり前だよなぁ? 正義のための処刑なんだから! ふ…はっはっ!」

「…残念ダッタナ、﨔木君。私ワ、『テルテル』ダヨ…」

「無敎? どうしたんだ…え、おいマジかよ…無敎の、体が…」


「消え…た? そんな、どうして!」

 約一名を除く、その場の全員が絶句した。塔樹無敎の「死体」が、次第に半透明の存在と化し、遂には消滅したのである。血痕さえも綺麗に「蒸発」し、残されていたのは…トランプらしき一枚のカードだけ。

「これは、影武者…いや、幻影?」

「あの塔樹君は、偽者だって言うのか? でも、彼は僕らと一緒に行動し、戦って来たはず…少なくとも、昨日までは…」

「…そ、んな…」

 﨔木長門の様子を見ながら、寿能城代は声を整えた。

「小さい割に多くの電力を消費するスマートフォンは、先日の爆発以来、通信不能のままだ。でも、僕が使っているような旧式携帯電話は、設計が大幅に異なっているから、バグる構造も変わるんだよ」

「…先生、いきなり何の話ですか?」

「﨔木さんは先程、この遮光された窓を破壊するのに丁度良い角度から、レールガンを発射してくれた。その結果、砲撃と日射による急激な電磁波が発生し、エネルギーが集中した。それで一時的に、僕の携帯電話がつながったから、救難信号を兼ねたメールを、無事送信する事ができたよ。これを受信した同盟軍は、『村』の位置を特定し、アプリコーゼンに救援部隊を送って来るだろう…﨔木夜慧さん、もうこんな『ゲーム』は、お仕舞いにしよう」

「…でも、どうして…?」

「塔樹無敎をこのゲームにいざなったのは、ほかでもないお手前だ。でも、無敎にとってゲームは得意中の得意、転んでもただでは起きない。置き残したトランプは、恐らくタロットカードだろう。そこに書かれている事が、きっと答えだ」

 茫然自失の﨔木長門に代わり、美保関少弐が、塔樹無敎のタロットカードを拾った。そこに書かれていたのは…。

「第12アルカナ『吊人』。第三の目は逆転せり。彼を討ち取りし者は敗北し、討たれし者こそ勝者と成る」

「…嫌だ、俺は負けない…死ぬのは貴様だァーッ!!」

「危ない! 伏せろっ!」

「え…うわぁっ!? 無差別乱射か? このままじゃ皆、あいつに殺されちゃうよ!」

「…逃げては駄目だ、逃げては駄目だ…!」



 余談ですが、この「食人種感染」の話を書くための参考資料として、いわゆる『人狼ゲーム』についてインターネット検索していた所、ある関連ページで「Chromeにフォントをインストールする」という偽ダウンロード画面からウイルス感染し、PCのデータ大半を改竄されてしまいました。仮にもネット作家を称する当職とした事が、何たる不覚…これでは死んでも死に切れまい。幸いにもこの原稿は、緊急保存復旧で辛うじて生き残りましたが、皆様もお気を付け下さい。それにしても、ウイルス感染・ゾンビ出現の話を書いている時にPCがウイルス感染し、その原稿がゾンビの如く復活するとは…「偶然」という名の、神の悪戯いたずらを過小評価してはなりませぬ(^^;



 戦争による混乱は、東京全土に拡大していた。首都の中枢に近い神田・秋葉原では、多くの犠牲者が食人種に感染し、生存者に襲い掛かるという、まさに恐怖映画の如き地獄絵図が広がっていた。同盟軍も決死の迎撃を試み、次々と討伐部隊を動員し、激烈な地上戦が展開されている。

「国鉄駅の近くで、別の食人種を発見したわ! あいつらに線路を奪われたら、補給線を維持できなくなっちゃう…援護をお願いしますぅ~!」

「他の者達は私と共に、神田名神を守護しなさい! 愛こそ全て…いざっ、召喚!」

 専門的な事はともかく、同盟軍も人材不足であるという事が分かるだろう?

「死ね」

 そんな中、食人種の大群に対して一歩も動じず、粛々と「害獣駆除」を遂行する、二人の戦士が居た。

「敵も味方も無能だらけ、下らん。当職に相応しい奴は、どこに居るんだか」

 その一人である孤高の傭兵、本行寺ほんぎょうじ道理みちたかは、何体殺しても終わらぬ「狩り」の日々に、飽きを覚え始めていた。そして、もう一人は…。

「ま、それが私達の仕事さ。悪くは思わない事だ」

「割り切ってしまえば、それまでだがな…無敎」

「多くの事物は、そうだろう…あ、寿能先生からメールが来た」

「なるほど…ガラケー同士なら、少ない電力でも回復できる性質を利用したか」

「そういう事だ」

 秋葉原に居た「本物」の塔樹無敎は、外見は古くとも中身は最新の携帯電話を確認する。

「筋書きに沿い、﨔木長州が偽無敎をレールガン攻撃した。その電磁誘導に乗じて、本文を送信する。間もなく、同盟軍がアプリコーゼンに来援し、池上町を制圧予定。無敎殿は本行寺と共に、神田にて津島隊と合流されたし。全ては、計画通りに進んでいる」

「…現状、問題ないか?」

「ああ、ここまでは順調だ。予想通り、﨔木君は私の幻影を撃ってくれた。先生も、事態を上手く誘導してくれたようだ」

「偽者を用意するとは、お前も良く考えたな」

「ああ…﨔木君は、あの『村』で魔女狩りゲームを殺りたかったようだが、本物の魔女は、別に実在したんだよ。あの時、東京湾要塞に…」



「…無敎様、お怪我は大丈夫ですか?」

「お蔭様で、大分だいぶ回復しました。これなら、すぐ戦線に復帰できると思います。それに、池上町の奴らを助けに行かないと…あっ、痛い!」

「仲間想いなんですね…ですが、まだ完治していないのですから、ごゆっくりなさって下さい。それと、慈悲深き良い子には、お姉ちゃんから贈り物があります^^」

「この私に、プレゼント?」

「無敎様は、卜占ぼくせんなどお好きですか?」

「そういうのは、あまり信じないほうです。理系なんで」

「あら、そうですか? 科学者と呼ばれる方々こそ、科学技術の可能性と限界を、誰よりも良く御存知だと、顕ちゃんに言われたのですが…何でしたっけ?『量子論』とか、『暗黒エネルギー』とか…」

「無論、己の智識が全能とも思いませんけど」

「うふふっ、謙虚なのは良い事ですよ…では、この中から一枚、お好きなカードを選んで下さい」

「俺のターン、ドロー!」

「…はい?」

「…ごめんなさい、何でもないです」

「こちらは十二番、一般的に『吊られた男』または『吊るされた男』などと訳されるカードです」

「『吊人』ですか? あまり縁起の良いアルカナじゃなさそうですね」

「確かに十二番には、不自由や試練、犠牲と云った意味も伝わっております。でも、そういう時は…このように、逆位置にして思索するのです」

「カードを逆向きに?」

「…どうやら、あなた様は遠くない未来、大罪と向き合う事になるでしょう。そしてそれは、常識的な手段では乗り越えるのが難しいと思われます。ゆえに、発想を逆転させるのです。時として視点は、真実さえも変えてしまうのです。こうして天が地に降り、地が天に昇るかの如く…」

「あの…ありがたいんですが、もう少し具体的にお願いできませんか?」

「即ち、敗北と勝利が入れ替わる、負ける事によって勝つ方法を編み出すのです。例えば…お姉ちゃんでしたら、自分の生命を狙っている方に、私の『分身』を送り込み、その間に目標を果たす…なんて事を、考えるかと思いますが…」

「その前に、分身の作り方を教えて下さい…」

「その答えは、無敎様御自身の中にあるはずです。古き幻想を、新しき創造力に昇華させるのです。このカードを、護符に差し上げます。物語の変化は、今や眼前に迫っているのですから…!」



「…で、そのオカルティック助言で思い付いたのが、手前のVRを造り、そいつに『吊られし者』の役割を押し付けるって事か…回りくどい」

「ゲームで確実に負けない方法は、そのゲームに参加しない事だからな」

「それには散水…いや、賛成」

 アプリコーゼンに居た塔樹無敎は、「事実を転回させる」という意味の込められたタロットカードを装備した状態で、﨔木長門に射殺された。その瞬間、「塔樹無敎は死亡した」という事実が「偽」となり、「塔樹無敎は生存している」という事実が「真」となる運命が、確定したのである。そして、この確定した運命を現実に適用した結果、「殺された塔樹無敎は偽者であり、本物の塔樹無敎が別に存在する」という「世界」が、数多の確率=可能性の中から選択され、今こうして「現実」を構築しているのである。私達が認識している現実世界とは、実は無限大に存在する宇宙時空間の、その一つでしかない。この「運命の相対性」こそが、塔樹無敎が十三宮聖から授かった智慧にほかならない。やはり、知は力である。

夜這よばれし者は、汝等か?」

 前方に、全身を黒衣の包帯veilで覆った、見るからに不審な怪僧が一人。しかし、この者こそは、二人が会合を予定していた、津島三河守長政である。数年前に「人喰い族」を調査していた、あの司書学芸員だ。

「あなたが、聖さんと先生の言っていた、津島三河ですね?」

「然り」

「で、当職にどんな戦場を用意してくれるんだ? 無論、報酬もな」

「伊豆まで来て貰う」

「伊豆高原に、ですか?」

「伊豆には現在、反射炉の史跡より開発せし新兵器『反射砲』が在る」

「は…反射砲?」

「電機は使えないはずでは?」

「反射砲の源は、陽光だ。陽光を以て、陽光を撃つ…それが何を意味するか、理解出来ぬ汝等ではあるまい?」

「太陽の光と熱を反射炉で増幅させ、そのエネルギーをレーザー砲として発射する…要は、ソーラーだけで完結する兵器というわけか」

「それなら、例え電力を確保できなくても、太陽光さえあれば、つまり天候が晴れていれば、それだけでレーザー攻撃ができるという事だ!」

「その反射砲とやらを掌握した者が、この戦争の勝者に成る…そういう策だな?」

「如何にも、理解が早く感心する」

「しかし、どうして私達が必要なのですか?」

「敵も、我等の策に勘付いた故、反射砲を事前に破壊せんと試みている。殊に、伊豆に接する沼津・狩野川では、陸海空の戦端が開かれんとしている」

「話は分かった! 当職を伊豆に、沼津へと連れて行け! 殺しには慣れたが、血が騒ぐのは久しい。存分に狩らせてもらうぞ!」

「反射砲を確保すれば、敵を一網打尽にできるだけでなく、攻撃を躊躇させる抑止力にもなる。私達の手で、この戦争を終わらせる事ができる…了解致しました。三河守護の御依頼、喜んで引き受けます!」

若人わこうどは淳心にして、わかり易し…汝等の力が、平和へのいしずえと成らん事をこいねがう。なれば、予に続け。敵は、狩野川口に在り!」



 寿能城代の携帯電話から、発信位置情報を特定した同盟軍は、磐座いわくら但馬守たじまのかみを指揮官とする突入部隊を出撃させた。

「寿能城代からの情報によれば、﨔木は他のメンバー達を人質に取り、廃墟『アプリコーゼン ハムレット』に籠城していると推測される」

「また、﨔木長門は、塔樹無敎から奪った『レールガン』と呼ばれる小銃で武装している可能性が高いです」

「人質救出に必要と判断した際は、発砲を躊躇うな!」

「一人でも多く…いえ、夜慧様を含む全員の無事を祈り、この『魔女裁判』を終わらせましょう!」

 間もなく、突入の合図が交わされた。

「発砲許可! 突入しますっ!」

「武器を捨てろ、﨔木!『オオカミごっこ』は、もうお仕舞いだ!」

「この部屋にも居ない、か…妙だな、人質の姿が見当たらない。司教、そちらはどうだ?」

「夜慧様を保護しました! ですが…」

「姉さん、どうしたの?」

 室内には、﨔木長門の姿しか見当たらない。そこに居るはずの生田兵庫・斎宮星見・美保関少弐・寿能城代は皆、忽然と姿を消してしまっていた。ただ、塔樹無敎の消失とは別に、何者かが争った形跡が残っている。これは…。

「…ぁ、あっ…」

「人質が全員失踪だと! これは一体、どういう事だ?」

「この密室で、何があったのか? 長門よ、本当の事を言うのだ!」

「…ぅ、ぃ…い、や…」

「夜慧様の御心は今、極度の錯乱状態にあります。無理に聞き出さんとせぬほうが良いでしょう。夜慧様、私達が来たからには、もう大丈夫ですよ…」

「…本当に、居た…ん、だ…」

「居た?」

「…そ、こに…居た、の…本、物が…」

「本物だと?」

「…ほ…本物の…人狼が……に…居て……を…」

「変な事を言ってないで、早く人質の居場所を教えてくれ…オオカミごっこは終わったんだぞ?」

「…終わって…ない…これは…本当の……の…始まり…み、んな…殺される…!」

「Aprikosen Hamlet ―武蔵野人狼事変―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く