唯の、死骸

メフィラド

ダンジョンの創造主 イーリアス=ダンション

彼女の父親は、世界最高峰の剣を打つものとして、有名な、人だった。
彼の名前は、ドワフいずれ、彼から、有名な鍛冶の明峰種族となる、ドワーフの始まりの人でした。
その妻は、絹物等を作るので、優れており、肉を余り食べなかったが綺麗な女性だった。
彼女の名前は、エルフィーナだった。
無論、エルフの題材になった人である。
まあ、これは置いといて、その間に生まれた子供は、背が小さく、可愛くて綺麗な女の子だった。
そして、両親は、激愛して、色々与えた。
しかし、その子供は、軽くチートで、作りたいものを聞いた瞬間に、金槌の打ち方から、全ての作り方を、頭の中で作ってしまって、ここをこうすればと言うと、必ず最高峰の作品が出来た。
そして、父親は、ある日、娘に、鍛冶をさせる事にした。
そして娘は、全ての力を使い金槌を打ち、適当に打って、これは失敗すると父親は、思ったが、金属が、どんどん輝きだして、火入れを、3回繰り返すと、すごく綺麗な、剣が出来上がった。
その剣は、名前を付けることなく、剣を振るい、それがスッポ抜けて、岩にはまり、誰も抜けなくなった。
これがいずれ、エクスカリバーなり何なり名前が付くが、聖剣になった。
そして、娘は、織物などを習うついでに筋トレに励み、腕は、細く、少し肉があるなと思う程度だが、力で言ったら、大の大人を抱えて、倒す位に、強くなっていた。
今頃になるが、織物などもすごくきめ細やかで、誰もが買いたくなるほどのできだった。
ついでの暇潰しに、縫い目のない服を作るぐらいにチートになっていた。
更に、人の夢だった。空を飛ぶと言う、夢を知った瞬間に、飛行機の作り方を知り、飛行機の作り方をメモしていると、急にわからなくなり、メモを辞めた。
それがいずれパラグライダーの元となる、メモだった。
まあ、それは丸めて捨てて、燃やしたので残っていない。
その後、そして、今度は、作り方を知った瞬間に父親に言って、道具と部品を作ってもらい、完成したのが、飛行船だった。
その結果、昔から有ったのは、飛行船だったのだった。
まあ、これは、人が乗ってなくて、乗りる事が無かったので、無くなった。
更に、色々作ったが、間違って別の物を入れたりして、全てが壊れたので、この時代に作られた物は、今は、ない
その後、更に剣を作って、その内一つが、聖剣デュランダルになるが、まあ、今はない
そして、色々作ったが、まあ、伝説級のみ有名になった。
まあ、飛行船は、いずれ、空気が冷えて、地上に落ちて、その作り方を知ることに寄って、色々な夢が広がった少年が飛空都市を考えて、小説を書いて有名になったりした。
その後、色々剣が、強すぎて、父親に注文が沢山入ったが、最終的に、信頼できる人かに、作ってあげた。
無論、強すぎて、剣聖とか言われるようになるが、それは、置いといて、いずれ、娘が創った物だとばれて、そして、家族で逃げて、その時持っていた、剣などを、所々に置いていき、分からなくした。
そして、両親は、娘を、嫁に出したくなくて、山に籠るようになった。
そして、娘は、そこで良い位の洞窟を見つけて、罠等を作って、剣や色々な物を作って、それを隠した。
まあ、作り方が、特殊だったり、その時代に有ってはいけない武器は、奥底に、隠した。
そして、娘は、薬草学に目覚めて、色々な薬を作った。
その中には、石鹸等も有った。
しかし、それを使う人が居ないと、道具が可愛そうと思うようになり、試練の洞窟として、造り上げた。
その頃、両親も、剣などを創り、娘の計画に賛同して、雑魚い剣等を罠に使って、更に色々な仕掛けを母親が考えて創り、そして、ほとんどの人が罠に引っ掛かり、死んだ。
そして、いずれ、洞窟が壊れて無くなった。
そして、いずれその試練の洞窟の事を、ダンションから訛り、ダンジョンと呼ぶ人が出て、罠や魔物などを足して、小説にした物が、いずれ人気になり、今では、ダンジョンと言ったら、必ず死ぬ物と思われていたり、必ず宝があると言われたりしているが、本当の事ない。
まあ、それは、良いとして、
その後また、試練の洞窟を創り、階層が、10階ある洞窟を作った。
まあ、場所は、別れて作ったので、失敗はしなかったが、それでもチート過ぎて、ほぼ誰も、クリア出来なかった。
そして、母は、最高難易度の試練の洞窟を創り、父は、ムカつく位に騙す、洞窟を創り出した。
この時に両親は喧嘩して、
「こんなにうざい人だと思わなかった。」
「俺もそんなにお前が卑怯だとは思わなかったぞ」
と言う喧嘩後、一端別れた。
その時に、知り合った人に小説家が居て、エルフとドワーフが仲が悪い事になってしまった。
これが事の顛末で、2年後、二人とも謝り、終わった。それから20年後に両親は、死んだ。それも、娘が最初に作った試練の洞窟の奥で、まあ、その時はまだ埋まって無かった。
そして娘は、チートアイテムを創り続けて、食事も全て洞窟でこなせる用にしたが、寂しくなって外に出ようとしたら、自分の作った。最強の罠に引っ掛かり、死んだ。
そして、ダンジョンに入ってくる者が沢山いたが、そこまで辿り着く者は現れなかったので、死んだことを知る者は、居なかった。
なので、ドワーフとエルフは、高寿命として、有名になった。
これで、イーリアス=ダンションの過去話は終わった。

「唯の、死骸」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く