唯の、死骸

メフィラド

名も無き殺人鬼

有るところに、女奴隷がいた。
それには、子供を身籠っていて、そして、それを認めさせて痢羞恥で、従順にするために、やっていた。
しかし、子供を生んでしまった。
生んだ子供は、その女奴隷が、最後の反発のために、育てた。
それが、3才の頃にばれて、母親を殺され、スラムに捨てられた。
そして、彼は、熱を知ってしまった。
その後、その熱を求めて探した。
しかし、見つからなかった。
そして、偶々族がいて、交わした先に、敵の仲間がいて、勝手に同士討ちして、死に血を浴びた。
それが熱を持っているのに気が付いて、熱を欲して、人を殺し出した。
有るところでは皆殺しにして、移動して、殺して、殺して、殺して、殺しまくった。
それから、悪魔の夜やら、死神の宴やら、聞き、そして、全滅仕掛けたときに、偶々隠れていて命拾いした。少年少女達5人がいた。
全て同じことを言っていたので、その次の予測点に行くと、その者と数人は助かった。
そして、日が当たる頃には、血を落として、川から上がり、山の奥深くで熊などの死骸が有った。
そこに暮らしていた少年その者が、この物語の、陰、そして、毎回夜になると、熱を求めて殺した。
無慈悲に殺した。
そして、どうにか逃げ切った探索者達は、逃げて、報告した。そして、多くの奴隷を真っ直ぐに立てて、俺たちを襲わせないようにしようと画策して居たが、それで熱の正体感情に気が付き、殺すのをやめて、直接感情を殺した奴等を狙うことにした。
そして、3日後、
「止めろ、殺したら、お前の欲しいものが手にはいらないぞ」
そして、彼は、
「お前らが、無くさせた。居なくさせた。だから、殺す。」
そして、奴隷達を残して、王族達は、死んだ。
そして、彼は、完全に、罪をまとめて、自害した。
それで、彼の物語が終わった。

「唯の、死骸」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く