担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

新井先生は不思議な人


「よし、とうちゃ~く♪着きましたよ~」
「はあ……はあ……」

 な、なんかものすごい勢いで引っ張られた……。
 新井先生、意外と力強い……。
 保健の先生は留守らしく、文化祭の賑わいとは隔絶された静寂が室内を満たしていた。
 そんな中、新井先生は当たり前のようにベッドに腰かけ、足を楽しそうにブラブラさせている。ただそれだけなのに、白いふくらはぎがやけに色っぽく見えた。

「あの……保健室に来たのはいいんですけど、一体何を……」
「あっ、そうでした~。実は浅野君にお願いがありまして~」
「お願い……ですか?」
「はい……それはもう、大事なお願いなんですよ~」

 新井先生が僕に大事なお願い?しかも保健室で?
 それが何なのか、まったく見当がつかず、ポカンとしていると、新井先生が急に手を握ってきた。
 その柔らかな感触に、鼓動がどくんと跳ね上がる。

「……写真」
「えっ……?」
「あの……今から……私と写真撮ってくれないかな~」
「……はい?」

 しゃ、写真?
 予想していなかった単語に首を傾げると、新井先生は懇願するような上目遣いでこちらを見た。ていうか近い!近いです!なんかいい香りがします!

「いや~、実はですね~?この前母親と電話で話してる時に、彼氏の一人はいるのか?って言われて~、つい見栄を張っちゃったんですよ~」
「はあ……」
「それで、今から写真撮ってくれませんか~?彼氏役で」
「べ、別にいいんですけど……あの、何で僕に?」
「う~ん……浅野君がタイプだから、ですかね~」
「…………」

 新井先生の事だから優しいジョークだろうけど、やはり真正面からそんな事を言われたら、やたら恥ずかしくなる。
 まあそれはさておき、それぐらいならどうって事はない。
 しかし、その前に……

「でもこのままじゃまずいですよ、僕制服だし……」
「そうですか~」

 そうですよ~。このまま写真撮って送ったら、ご両親が腰を抜かしますよ~。

「じゃあ……脱いでください~」
「は、はい……」

 何故そこでモジモジしながら溜めるのでしょうか?なんだかとても背徳的な気分になるのですが……。
 とりあえず、上着だけ脱いで、先生の隣に腰を下ろすと、先生が携帯を構え、肩を組み、体をぴったりと寄せてきた。
 やわらかな温もりに息が詰まるような気持ちが沸き上がると、カシャッと音が鳴った。

「よし、これでOKー。あとは私が上手くやっておきますので、ご心配なく~」
「わ、わかりました」

 どうやらこれだけでいいらしい。あっさり終わってしまった事に、安堵感と名残惜しさみたいなものを感じていると、新井先生が「じゃあ、ご褒美♪」とか呟くのが聞こえた。
 すると、新井先生は僕の肩に手を置き、頬に……

「んっ……」
「……はっ?」
「ではでは~♪」

 柔らかな感触に慌てて体を逸らすと、新井先生はにこやかに保健室から去っていった。
 僕は、よくわからないままに頬を押さえ、ポカンと閉じた扉を見つめた。
 ……相変わらず新井先生はよくわからない人だと思った。

 *******

 しばらくしてから保健室を出ると、ドタバタと騒がしい足音が聞こえてきた。
 身内だからわかる。この足音は……

「裕く~ん」
「ね、姉さん……」
「わ~い!会いたかったよ~!」

 いきなり横から抱きつかれ、こけそうになるが、何とか持ちこたえ
 クラスに戻ろうとしていたところで、まさか、姉さんと遭遇するとは……絶対に来るとは行ってたけど。
 姉さんは派手な金髪をかき分け、うっとりした表情を浮かべていた。こわい。

「ああ、偶然という名の運命ね、これは!」
「うん、そうだね。じゃあ、またね、姉さん」
「うん、じゃあね……って、ちょっと、待ったぁ!」
「ど、どうかしたの?」
「実はね、裕くん……お姉ちゃんはもう大学のほうに戻らなきゃいけないの」
「……そっか」

 いつも賑やかすぎるくらいに賑やかな姉さんだけに、やっぱりいなくなると、急に静かになり寂しくなるものだ。
 すると、姉さんが肩を寄せてきて、腕をガッチリとホールドしてきた。あ、これ逃げられないやつだ。

「それで……ね?よかったら、文化祭一緒に回らない?」
「あー、実は休憩がもう終わりで……」
「……そうなんだ。じゃあ、裕くんに接客してもらおっかな」
「え……」

 さすがにそれは恥ずかしい。姉さん目立つし。
 しかし、それを口に出すと、しばらく機嫌が悪くなるので、ここは黙って従うことにした。
 歩き始めると、姉さんが何かを思い出したように「あっ」と声をあげた。

「あっ、そういえば裕くん、知ってる?後夜祭花火上がるんだって」
「そりゃ、知ってるけど」
「せっかくだから、一緒に観てあげよっか?ほら、私明日で帰るし」
「……そうだね。母さんは知ってるの?」
「あっ、言うの忘れてた……」

 花火か……自由参加だったけど、せっかくだし行って見ようかな。
 そこで、ふとある人の顔が浮かぶ。
 ……先生はその時間、どうしてるんだろ?
 そして、当たり前だけれど、この時僕は知る由もなかった。
 この後、とんでもない事件が起こる事を。
 
 

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く