担任がやたらくっついてくるんだが……

差等キダイ

夕食作り

「まさか、あんなに可愛らしい従妹がいたなんて……いや、でも、歳は離れてるから……私もだったわ」

「……いえ、悩んでる暇はないわね。夏休みの間にできる限りアピールしておかないと」

 *******

 窓から見える空が茜色に染まる頃、予定時刻ぴったりに呼び鈴が鳴り、先生の到着を告げた。
 玄関の扉を開くと、右手に買い物袋を持った先生が立っていた。さっきのスーツ姿ではなく、一旦家で着替えてきたみたいだ。

「おかえりなさい……あ」
「…………」

 自宅だからつい「おかえりなさい」とか言ってしまい、何だか気恥ずかしい思いがこみ上げてくる。
 僕はそれをかき消すように、すぐ頭を下げた。

「す、すいません!ついクセで……」

 先生は形のいい眉を少しだけピクッとさせ、鋭い刃のような目つきで、じっと僕を見つめた。も、もしかして、また怒らせたかな?
 内心、ビクビクしていると、先生は何故かゆっくりと扉を閉める。あれ?どうしたんだろう……そんなに不快だったとか?
 呼び止めるべく、扉に手をかけようとすると、再び扉が開かれた。

「ただいま」

 その言葉は普段より幾分柔らかな声音で紡がれた。いつもの涼しげな表情もどこか明るく見えた。よくわからないが、どうやら怒ってはいないようで、僕はほっと胸をなで下ろした。
 さらに、先生が僕に「ただいま」と言うのが、あまり現実味がなくて、加えてどこかくすぐったくて、僕は頬が緩むのを抑えられなかった。

「…………」

 しかし、先生はまだ敷居を跨ぐことなく、じーっとこちらを見ている。
 今度は一体……あっ、そうだった。

「えっと……お、おかえりなさい」
「お邪魔します」

 ようやく普段のテンションに戻った先生が、淀みのない所作で靴を脱ぎ、上がってくる。
 ふと視線を感じ、目を向けると、若葉が居間から顔だけを出していた。

「何、この茶番……」

 若葉はやけに冷ややかな視線を僕達に向けていた。

 *******

「そういえば、若葉さんは何か苦手な食べ物はある?」
「……ありません!若葉はもう子供じゃないですから!」

 対抗しようとしているのか、必死に大人ぶろうとする若葉に、先生は微笑み、若葉の長いさらさらした髪を撫でた。
 いきなり頭に手を置かれ、驚いた若葉も、先生の撫で方が気持ちいいのか、目を細め、されるがままになっている。

「そじゃあ、今晩は肉じゃがでいいかしら」
「う、うん……いいと思います……ていうか、子供扱いしないでください!もう!」

 先生は若葉の抗議を聞き流し、しばらく頭を撫でた後、エプロンを身につけ、料理の準備に取りかかった。
 ……先生って意外と子供好きなんだな。

「どうかしたの?」
「いえ、何でもないです」
「そう。じゃあ……祐一君。手伝い、お願いしていいかしら?」
「はい、わかりました」
「あっ、若葉も手伝います!」

 こうして、3人の夕食作りが始まった。

 *******

 若葉のお兄ちゃんは世界一。
 他の人が知らなくても若葉だけは知ってる。
 あの日からずっとそう思ってた…………なのに。
 なのに、何でこうなってるの~~~~~!!?

「それじゃあ、包丁の持ち方の復習をするわね」
「は、はい」

 包丁の持ち方の復習!?小学生の私でも包丁くらいキチンと持てるよ!それにくっつきすぎだよ!お胸がお兄ちゃんの肘に当たりまくってるよ!あとさり気なく脚でお兄ちゃんの脚を撫でてる!?
 さらに……目がキラキラしてるよ。
 そして、何がすごいって……お兄ちゃん、多分先生の気持ちにちっっっとも気づいていない!いや、若葉はそれでいいんだけど!でも、あまりに鈍感すぎて、名前のある精神疾患を疑っちゃうよ!

「あの、先生……っ」

 お兄ちゃんが呼びかけると、お姉さんは人差し指をお兄ちゃんの唇に置いた。え?そんなに責めちゃうの!?この人、本当に担任の先生なの!?
 お姉さんは無表情のまま、小さいけどよく通る声で呟いた。

「ルール……忘れた?」
「……す、すいませんでした!その…………唯さん」
「はい。どうしたの?」
「その……さっき、肘に……当たってました」
「何が?」
「えっと……何というか……」
「何の話かはわからないけど、気のせいよ」
「そ、そうですか」

 そうですか、じゃねーーーーー!!!!!
 絶対に気づいてるよね!?でも「先生が気のせいって言うなら、何か意味があるんだろうな」なんて考えてるよね!?お兄ちゃんのエッチ!そりゃ確かにお姉さんのお胸大っきいけど!!

「じゃあ、若葉さんはこれをお願いね」

 お姉さんが私に目線を合わせ、とても優しい眼差しで、とても優しく話しかけてくれる。
 ……うーん、若葉は可愛いから、優しくしてくれる人は多いけど、何でかなぁ?
 今この時は、何でこんなに優しいんだろう?って思うんだけど……。

「……祐一君」
「はい、何ですか?」
「夏休みは旅行には行かないの?」
「あー、今のところは……父親も冬休みにならないと、帰ってこないので……」
「そう。お忙しいのね」
「あの……先生は?」
「私は仕事があるわ」
「ですよね」

 2人の声が、私の頭の上を行き交う。う~ん、何だろう……何かが引っかかる。
 考えながら、私は調味料を分け終えた。

「できました」
「そう。えらいわね……あな……祐一君。若葉さんが調味料をしっかり分けてくれたわ」
「え?あ、はい……若葉、ありがとう」
「…………」

 今、あなたって言おうとしてたような…………はっ!
 若葉、気づいちゃったよ!
 この並び……さっきの言い間違い……。
 この人……若葉を利用して、お兄ちゃんの奥さんを体験してる!!若葉を自分の娘に見立ててるよ!!でも……

「祐一君、この並びは何かを彷彿させる気がするのだけれど……家族、みたいな」
「ああ、確かに。歳の離れた兄弟というか……」
「…………」

 うん。お兄ちゃんが全然気づいてない。気づきそうもないよ。
 お姉さんはぷいっとそっぽを向いて、フライパンでさっさと野菜を炒め始めた。
 ……敵ながら、ちょっと可愛いかも。

「担任がやたらくっついてくるんだが……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く