異世界召喚は幼馴染みと!?

azuman@レムりん狂信者

始まりの町「ガージスト」と魔物の大群

ふと目を開けるとそこには美少女が、、息をしてない?
「ってぇ、花音!?おい!大丈夫か!?」
「ん?ん~?」
花音はむくりと起き上がった
そして周りを見ると
「どこ?ここ」
「いや、俺に聞かれてもな」
辺りを見渡すと看板が立ててあった
「始まりの町 ガージスト」
「冒険者ギルドは町の中央に」
と書いてあった
「冒険者、ギルド、?」
花音が呟いたその瞬間



「緊急事態発生!緊急事態発生!冒険者の皆様は至急冒険者ギルドまで来てください!」
すると周りの人々は町の中央へ駆けていった
「俺たちも行ってみるか~」
「そ、うだ、ね」
「怖いのか?」
「い、いや!別にそんなん、、」
「ほら」
俺は花音に手を差し出した
すると花音は頬を朱色に染め
俯きながらも手を繋いでくれる
(こいつの手、柔らかいな、、、)
俺は花音の手を引いて冒険者ギルドへ走った。




冒険者ギルドに着くとギルド内には約500人の冒険者がいた
ギルド役員らしき人がギルド内を走りまわっている
俺がそのうちの1人の女性に話しかけると
「魔物の大群がこの町に接近しているんです!」
(ん?今この人魔物っていった?もしかしなくても言ったよね?)
ふと意識を戻すと花音は小さくだが震えていた
俺は花音の手を優しくだが強く握った
すると花音の震えは少ししてとまった。




「あの、今冒険者になれますか?」
「「え?」」
花音と女性の声が重なった
少しの間があったが女性は
「あ、はい、可能ですが、、、よろしいのですか?」
「はい、いいですよ?」
「か、かしこまりました」
すると女性は奥に走って行った
そして数分後何やら紙を持って走ってきた
「お待たせして申し訳ありませんでした」
「あ、い、いえ」
「ではこの紙に手をかざして下さい」
「はい」
俺が紙の上に手をのせると紙が白く光だした
すると女性は




「え、えぇぇぇぇええええ!?!?」
「ど、どうしたんですか?」
「い、いえ珍しい属性でしたので」
「あ、そうなんですね」
それからギルドの説明をうけ
ある程度の装備を整えて
今はギルドで緊急事態の説明をうけていた。



どうやら
この世界ではそれぞれの種族内で階級分けされてるようだ
上から神格級→SSS級→SS級→S級→A級→B級→C級→D級とある
そして今回の魔物の大群は数は約1万
S級の3体が率いる群だそうだ。




A級が少なくとも200はいるそうで、
ちなみに言うとS級を1体倒すのにA級冒険者が10人いて倒せるかどうかだ。
だかこの町の冒険者はみんなほとんどがD、C級だ。
だから王国の騎士団があと十数分で来るらしい。




そして俺は花音にはギルドで待機してもらって俺は他の冒険者と共に最前線へ行った。
花音はまだこの世界に慣れず怖いらしい。
そりゃそうだいきなり魔物のいる世界につれてこられたんだからな。
(ほんとは近くに居てやるべきなんだろうがそーもいってられねぇ状況だかんな)
すると次の瞬間隣に立っていた冒険者が
真っ二つになった





(え?)
「くそ!早く!戦闘準備!」
リーダー格らしき人が叫ぶと同時にその場の全員が自分の武器を構えた。
そして戦いが始まった

「異世界召喚は幼馴染みと!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く