Truth Of Mind

リンシア

旅立ち

「…?もうこんな時間か、起きねーと…」
ここはカロス地方、アサメタウン。この街からまた1人のトレーナーが旅立とうとしていた。

この少年、名前は冴夢まさむ。先日15歳になったばかりだ。
この世界では、トレーナー資格は15歳から取得できる。
見事その試験に受かり、トレーナーの資格を得た冴夢は、母に勧められ、今日から旅に出ることになっていたのだ。

トイレへ行き、顔を洗い、着替えを済ませ、リビングで朝食をとる。ここまでは至っていつも通りの生活だ。

「はい、冴夢、朝ご飯よ」
「ごめん、ありがと」

そう言って食べ始める。今日の朝食は昨日の残りの生姜焼き。冴夢の家では、これくらいのことはいつもの事である。

「冴夢、ほんとに大丈夫なの?」

いきなりお母さんが冴夢に話しかける。

「何が?」
「あなた、ブイズ…だっけ?あれ以外全く興味ないじゃない…」

そう、冴夢には1つトレーナーとして、大きな欠点があったのだ。
それは、
〔ブイズが好きすぎて、他のポケモンに興味を持てない〕
というものだ。
実際、トレーナーズスクールでの成績は悪くなかった。のだが、家に帰る度に

「やっぱりブイズがいい」
「癖があると扱いにくい」

と駄々を捏ねてしまっていた。その為今回の出発もあまり乗り気ではなかった。

基本的にこの世界では旅に出る、となったらその地方の博士から御三家と呼ばれるポケモンを貰う。カロス地方の場合はプラターヌ博士だ。
そしてその御三家の中に、当然ブイズが入ってるはずなどなかった。
ブイズのことは誰よりも知り尽くしている。が、それ故に他のポケモンに興味を持てなくなっているのだ。

「まぁ興味はないけど…皆無でもないよ…一応扱えるし」

こういうが、実際他に好きなポケモンがいない訳では無い。が、この地方では入手困難のため、実質ブイズ以外興味が無いに近い。

「タイプ相性とかもあるんだからね?その辺少し考えなさいよ?」
「言われなくたってわかってるよ…」

少しうるさいくらいに色々言うお母さんに、少しうんざりしながらご飯を食べ続ける。

「でも…とにかく、楽しんできなさい。こんなことなかなか出来ないんだから」

と、いきなりいい事を言い出すお母さん。これも冴夢からしたらいつもの事なので、

「うん、死なない程度に楽しんでくるよ」

と冗談交じりな発言でかわす。


しばらくして、朝食を食べ終えた冴夢は、出かける用のカバンを持ち、玄関に向かう。

この世界、無駄にハイテクなものが多く、専用の機械があればどこにいても自分の家の物を取り出せる仕組みなのだ。その為、こうやって旅をするとなっても、大荷物にならずに楽な旅を楽しむことが出来るのだ。

「あ、そうだ、ひとつ言い忘れてたことがあるんだけど」

玄関で靴を履く冴夢に、声をかけるお母さん。それに、ん、とだけ言って話を聞く。

「隣の街、メイスイタウンだっけ?あそこで博士と待ち合わせてね、いいもの貰えるから」
「なにそれ?御三家もらえってか?」
「そんなのじゃないわよ…まぁ、行けばわかるから、ほら行った行った!」

といきなり促され、言われるままに家を出る。
外は快晴。春にしては少し暑すぎるくらいの、絶好の外出日和だ。
流石に歩きで移動も面倒なので、自転車を使うことにする。自転車は、去年のクリスマスに買ってもらったロードバイク。流石に15歳ではまだ車も運転できない上、道が狭くそれどころじゃないので、自転車を買ってもらったのだ。

心地よい風を感じながら、自転車を走らせる。
だが、それとは真逆にテンションが上がりきらない冴夢。
それもそのはず、彼からしたら、ブイズ以外興味が無いのに無理やり御三家を使わされるわけだ。テンションが上がらないのは当然とも言える。
隣のメイスイタウンまでは自転車で10分もあればつく。
…こんなことなら上の学校に進級してた方がマシだったかな…と、天気に反して気分は最悪。冴夢からしたら、今心の中は土砂降りの雨になっているだろうーー



そんなことを考えていたら、メイスイタウンに着いた。ここまでは冴夢も何回も行ったことがある。ここから先は、未知の領域という訳では無いが、かなり知らない土地も増えてくる。
だが、今の冴夢にとってはウキウキよりもどよーんとした気持ちの方が先行している。
とりあえず、気持ちを押さえつけて博士を探すことにする。


「冴夢くん、こっちこっち!待っていたよ!」

ふと左のカフェの方から声が聞こえた。そこには有名なプラターヌ博士と…
…誰?
冴夢からしたら面識もない初対面の同い年くらいの子が4人居た。男子女子、それぞれ2人ずつ。
事実、冴夢はあまり人と関わるのが得意な方ではない。慣れてしまえば別だとはいうが、なかなか上手くいかないのが現実だ。

「どうも、初めまして博士…そちらは?」
「あぁ、この子らかい?偶々君と同じタイミングで旅に出る、仲間みたいなものさ。仲間は多い方がいいから、是非仲良くやっていってくれ」

仲間…か…こいつらは…大丈夫…かな…?と疑心暗鬼な冴夢。そんなのを他所に、どんどん話しかけてくる。

「初めまして!私は紗羅さら!よろしくね、えーと…冴夢くん、でいいの?」

真っ先に話しかけてきたのは、少し色が黒めの女の子だ。上はド派手なピンク色のTシャツ、下は黒色の短いズボンを履いている。露出狂…という程ではないが、かなり素肌が露出している服装だ。
髪は黒で
内心、かなり不安を抱く。人は見かけで判断してはいけないと言うが、どうしても冴夢からすると不安心が出てきてしまう。
とりあえず話さないは話さないで逆に変な空気になるので、とりあえずの返事で答える。

「…あぁ。呼び捨てで構わない。そっちの3人とは既に知り合いで?」
「うん!ほらほら、自己紹介しないと!」

紗羅がそう言うと、次々と自己紹介を始める。

「そうね、初めまして、怜那れいなよ、よろしくね」

次に話しかけたのは、金髪の女の子だ。
その割には意外と真面目そうで、あまり悪い人の感じはしないような。
髪は長く伸ばしており、膝の丈くらいの先程とは違う、薄めのピンクのスカートを履いている。頭にはスカートと同じような色のピンクに黒いリボンのようなものが付けられた帽子。
女子力という意味ではファッションセンスから溢れ出てる感もある。

「次は俺だな!俺は拓郎たくろうだ!よろしくな!」

その次は肥満t(ry
ゲフンゲフン、ぽっちゃり(の領域を通り越している訳でもない)系の男の子だ。
多分ここにいる誰よりもガタイがいい。
黒のTシャツに黄色のズボンと、至って普通の格好だ。
髪も決して長くないので、どっからどう見ても男である。

「えと…僕、ですよね…初めまして、とおると言います…よろしくお願いします」

その次はいきなりテンションに差が出来てる…コミュ障かという感じの子だ。多分男だ。多分。
如何せん薄めの茶色+長めの髪+この性格、女に間違えられかねない。
首からカメラをぶら下げていて、白のシャツに抹茶色のベストを上に着る。
ズボンはシンプルに落ち着いた深緑の長ズボン。印象としてはこの子が1番落ち着いている印象を受ける。

「さて、それぞれ自己紹介も終わったところで…」

透が紹介を終えるといきなり博士が口を開く。

「予定通り、みんなには最初のポケモン、言わばパートナーを3匹用意した。この中から1匹ずつ選んでくれ」

そう言って博士は3匹のポケモンをボールから出す。

「君たちから見て右からフォッコ、ケロマツ、ハリマロンだ」

どうやら右の赤いきつね(うどんが入っているあれではない)っぽいのがフォッコ、真ん中の水色カエルみたいで首にモコモコが付いてるのがケロマツ、1匹だけ二足歩行で針で刺してきそうなやつがハリマロンだ。
とは言ったものの、当然冴夢の興味はこの3匹にはない。
仕方ない、選ぶか…と思ったその時だった。

「あ、そうだ冴夢くん。君にはこのボールを渡してくれと、お母さんから頼まれたんだ」

そう言って、博士は冴夢にひとつのボールを手渡す。
親からの…?そう思った瞬間、少しの期待が過った。まさか、と…
でもすぐにその考えはありえないものだと自分に言い聞かせた。世の中そう上手くいかない。どうせ中は空とかいうオチだろう。

「あ、はい、ありがとうございます」

「中にポケモン入ってるから、出してごらん?」

中に入ってる…?てことは…
やはり期待してしまう。そんな自分の欲しいものが入っている期待と、なかった時の絶望に備える心持ちを共にしながら、ボールを宙に向かって放ったーー

〜To be continued〜

「Truth Of Mind」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く