俺の周りの女性は全員美少女なんだが必ず何か重大な欠点がある!

サクえもん

22話 イケメンは死ね!

 「これが城か。 それにしても大きいな」


 城の大きさは、 日本の建築物で表すと東京ドーム約二個分ぐらいあった。


 「そんなところで突っ立てないで早く入りましょうよ」
 「そうだな」
 

 しかし俺たちが城の中に入ろうとすると門番と思われる兵士に止められた。


 「止まれ。 貴様この城に何の用だ?」
 「実は、 この国の王様に今日の正午までに来るように呼ばれてまして……」
 「それじゃあお前がドラゴンを一撃で倒したというシュンというものか?」
 「そうです」
 「嘘をつくな! お前みたいな弱そうなやつがドラゴンを倒せるわけないだろ! ひやかしならさっさと帰れ! さもなくば役人へと通報するぞ!」


 こ、 こいつ! 俺は事実を言っているのに嘘だとか言いやがったな!
 ぶっ殺してやるぅぅぅ!
 俺はそう決心し、 門番の元のことを殴ろうとした瞬間ラピスさんに止められた。
 

 「シュ、 シュン様! 落ち着いてください! ここでシュン様が騒ぎを起こすと本当に役人に捕まってしまします!」
 「は、 離してください! あんな大人! 修正してやる!」
 「俊。 うるさい」


 千鶴の奴はそう言うと俺にスタンガンを押し付けてきた。


 「あばばばばば……」
 「あのシュン様気絶してしまったようですが大丈夫なのでしょうか?」
 「俊ならこの程度じゃ死なないわよ。 それよりどうやって中に入るの?」
 「それは私に任せてください。 あのこの手紙を読んでもらえませんか?」
 「手紙か?」
 「ええ、 この手紙を読めばきっとシュン様が言っていたことが本当だと理解できるので」


 ~十分後~


 「おい千鶴! てめぇいきなり何しやがる!」
 「だって俊があの場面で殴ってたら俊は今頃役人に捕まって牢屋にいれられてたのよ? それで明日の今頃には、 首が宙を舞っているわね」
 「ならそう言えば……」
 「あの状態の俊に何を言っても聞かないでしょう? だからスタンガンを使って気絶させたのよ。 だから私は感謝はされど罵倒される筋合いはないわよ」
 「ぐぬぬぬぬ……」


 確かに千鶴の言うことは正論だ。
 だが、 やっぱりスタンガンで気絶させるのはどうかと思うぞ?


 「シュン諦めろ。 チヅルには何を言っても無駄だ」
 「だがな……」
 「それよりも話がついたようだぞ」


 ハクが指をさした場所には顔が青ざめた門番と満面の笑みのラピスがいた。
 そして門番は、 俺の方に走ってくるとスライディング土下座をきめた。


 「先ほどは申し訳ありませんでしたぁぁぁぁぁぁぁ!」
 「お、 おう」


 門番の謝り方は尋常ではなく、 少し引いてしまった。


 「そんなことより早く案内してくれないか?」
 「わ、 わかりました! すぐに案内させていただきます!」
 

 門番はそう言うと門を開いた。


 「私についてきてください。 王は城の中の玉座の間と言う場所におられますのでそこまで案内させていただきます。 それと城の中にあるものにはなるべくお触れになられないようにお願いします」
 「わ、 わかった」


 そうして俺達が門番に案内されるがままに、 玉座の間まで案内された。
 玉座の間は、 床には赤色の絨毯が引かれていて、 大きなイスが置いてあった。
 その椅子には金と思われるものが装飾されていてとても派手そうに見えた。
 また玉座の間には、 俺達以外にも呼ばれている人物がいた。


 「あのラピスさん。 あそこにいるのは誰か知っていますか?」
 「あれは勇者の一団ですね」
 「勇者?」
 「ええ、 最近現れ始めたので私も詳しいことは知らないのですが、 どうやら彼らも王様に呼ばれたようですね」
 「そうなんですか」
 

 てかあの真ん中にいる青髪の奴!
 顔がイケメンで職業が勇者とか不平等じゃないか!
 それに女の子も三人連れているようだし、 あれじゃあ完全に異世界に転移されたハーレム主人公じゃないか!
  

 「シュン。 怖い顔をしているがどうかしたのだ?」
 「いやなに。 あの勇者とか呼ばれている奴を後で殺してやろうと思ってな。 ふふふ……」
 「なんかシュンがおかしくなったのだ!」
 「シュンはいつもおかしいだろ」
 「そうですよ」
 「あははは……」
 「俊はあの青髪が周りに女の子を連れていることがうらやましいのよ」
 

 千鶴の奴め! 
 余計なこと言いやがって!


 「俊さん。 俊さん」
 「なんだよ」
 「俊さんはあのキザ野郎が周りに女の子を連れているのが羨ましんですよね?」
 「そうだよ! 悪いか!」


 こいついちいち俺の心をえぐって何が楽しいんだ!


 「なら俊さんの周りを見てみてください。 俊さんだって可愛い女の子を沢山連れているじゃありませんか。 それなのになにが不満なんですか?」
 「俺は普通の女の子が好きなの!」
 「全員普通の子じゃないですか。 それに顔のレベルで言ってもあちらより圧倒的にこちらのほうが上ですよ?」
 「ほう。 お前らを普通というか。 この中で普通の女子などラピスさんしかいないわ!」
 「シュン。私も普通……」
 「黙ってろ露出狂!」
 

 俺がそう怒鳴るとハクはに落ち込んだ表情をし、 地面に座っていじけてしまった。


 「ねぇ俊。 私は普通よね?」
 「私もどこからどう見ても普通の美少女じゃないですか!」
 「どの口が言うか! お前らこそこの中で一番頭がいかれてる女子筆頭じゃないか!」
 「シュ、 シュン様お静かに。 どうやら王様が来るようですから」
 「す、 すいません……」


 俺は少し冷静さを欠いていたらしい。
 反省せねば。


 「ごめ~ん。 皆待った? いや~寝坊しちゃってさ~許してね」


 そんな軽い口調で入ってきたのは、 三十代と思われる男性だった。
 そしてその男性は、 玉座の中にある王が座ると思われる椅子へと座った。


 「ま、 まさかあれがこの国の王様なのか?」
 「ん? そうだよ~。 だからよろしくね。 シュン君」


 おいおい。 あんなのが王様でこの国大丈夫なのかよ……


 「さてと今日君たちを呼んだのにはとある理由があってね。 実は最近魔王となのる輩が現れ始めてね。 それで君たちには、 それを倒して欲しいの」
 

 魔王とか本当にテンプレだな。
 でも魔王討伐しても俺にメリットないしな。
 それに何よりもめんどくさいからここは口ではやるとか言っといて無視してこの世界を回るか!
 正直あの町にも飽きてきたとこだし、 でもあの町を出るとなるとラピスさんと会えなくなるのか。
 それは嫌だな。 ああ、 ラピスさんもついてきてくれないかな。


 「その話。 勇者である。 この青山犬にお任せください!」


 ん? こいつ今苗字を名乗らなかったか?
 

 「ああ、 俊さんは知らなかったんですね。 あのキザ野郎は男神がこの世界に召喚したですよ」
 「そうなのか? でもなんでまた?」
 「それはきっと暇つぶしですね。 それにあのゲロ野郎は、 男神の好みドストレートですしね。 それであの蛆虫が死んだら自分たちの玩具にでもするつもりなんでしょうね」


 俺はそれを聞き、 初めて奴に同情した。
 

 「それで奴の職業とステータスは、 どうなってるんだ?」
 「あのゴミは女神全員に嫌われているので、 ステータスは、 当然全部最低値に設定してやりました。 正直あんな奴が生きてると知ってるだけで虫唾が走りますよ。 ペッ!」


 こ、 こいつどんだけあいつの事嫌いなんだよ!


 「でもあの蛆虫がここに呼ばれているのは、 きっと男神連中がチートなスキルと職業で勇者を与えたからでしょうね」
 「あ、 ありがとう色々教えてくれて」
 「それじゃあお礼に私とキスをして……」
 「ありがとう! いや~正直こんな話やってくれる人がいるなんてとっても驚いたよ! 君相当なお人好しだね!」
 

 さて魔王討伐はあいつがやってくれるみたいだし、俺は帰るか。


 「あ、 言い忘れてたけど、 魔王を倒したら僕の娘を挙げるよ。 クリス入っておいで」
 「はい。 お父様」


 中には入ってきたのは、 プラチナブロンドの髪をした綺麗な女性だった。


 「皆様。 初めましてクリスと言います。 仲良くしていただけると嬉しいです」
 「さて一応聞くけどシュン君は、魔王討伐する気ある?」
 「お任せくださいお父様! 必ずこのシュンが魔王の首を献上いたしましょう!」
 「ははは。 君わかりやすいな。 でもそう言うところ嫌いじゃないよ? さてじゃあ今から二人には、 武道場で戦ってもらおうと思う」
 「それはなんでですか?」
 「君たちの実力を知りたいというのもあるけど、 一番の理由としては勝負に勝ったほうにクリスを同行させようと思ってね」
 

 王はキメ顔でそう言った。
 

 


「俺の周りの女性は全員美少女なんだが必ず何か重大な欠点がある!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く