転生した先はダンジョンのラスボスだったけどとりあえず放棄する

ノベルバユーザー278774

強制的な転生

『君には僕らの世界に転生してもおうと思うんだ!』
ここは(多分)死後の世界。そしてそこには五歳くらいの子供の神様カイと高校生の少年がいた。
   そして、その神カイは少年に先の発言をしたのだった。
「・・・・・・・・・」
 少年は、ここに来たときに薄々感付いてはいた。
   もしかしたらこれから自分は転生させられるんじゃないか、と。
   そして、少年の勘は当たってしまった。
『あ、ちなみに拒否権はないよ。』
「へ?」
『だってもう死んじゃったんだもん。』
神様の目はどう見ても嘘はついていなかった。この神本気で転生させる気だ。
『あ、あと転生先のリクエストは聞けないよ。』
「え。」
『もともと向こうに存在する自我の残ってないモノに無理やり魂を突っ込む感じにするつもりだからね。』
 とんでもないことを言われて、少年は開いた口が塞がらなかった。
『じゃあ頑張ってね!』
  そう言った神カイは、笑顔で左手親指を立てたと思うと、反対の手でフィンガースナップをした。
  と同時に、少年の体は、唐突に空中に放り込まれたように体が落ちていくのを感じた。
 「うわあぁぁぁぁぁぁ!?」
   凄まじい勢いで、視界にうつる神様が上の方に小さくなっていく。それと同時に少しずつ意識も遠のいてきた――――――――――――

「転生した先はダンジョンのラスボスだったけどとりあえず放棄する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く