A Living One

東堂タカノ

1話

 いつの頃からか、物心がついた時には僕は彼と住んでいた。彼、ゾーア・ドルグ。ゾーアは僕の育て親、若しくは祖父のような人だ。
 ゾーアは2000年以上を生きる”古き者オールド”だ。古き者は人智を超えた力を有するとされる。事実彼もその話に相応しい力を持っている。古き者は皆等しく上位種族へと成る為それもそのはずだが。
 そんな彼と僕は机1つを跨いで向き合って座っている。
「話って何?ゾーア」


 僕は聞く。


「ユールお前はいくつになる?」


「推定でいいのなら15にはなるよ」


「そうか…もうそんな歳か…」


 ゾーアが神妙な面持ちになる。一体何の話なんだろう?


「ユールよ、お前は外を知るべきだ。今まで私と暮らしてきたがこの島を出たことも無いだろう。15ともなれば立派な成人だ。だから私はお前を外へやる。王都へ向かえ、そして冒険者となれ。それが外を知る為に1番いいだろう。だが、その為にはある程度の力がいる。明日から訓練を始めたいと思う。お前はどうだ?やろうと思うか?」


 ゾーアから聞かされたのは予想していない事だった。確かに成人にもなって外を知らないのはまずい。それに冒険者という者にも興味はある。
 危険であるからゾーアも一応聞いてきているのだろう。僕はゾーアの目を見てはっきりと答える。


「やるよ」


 そう言った僕の目をゾーアはじっと見つめる。そしてゆっくりと目を閉じて頷く。


「そうか、分かった。早速準備を始めるか」


 ゾーアはそう言った。ただ気になることがある。


「訓練は明日からではないの?」


「ああ、明日からだ。今日はフラワのところへ行く。ギルドへ出す書類等の作成を奴に頼むつもりだからな。あとは報告だ」


「そーなんだ。ならその為の準備をしてくるよ」


 僕はそう言って部屋へ行く。
 ゾーアがフラワと言っていたが、フラワもまた古き者だ。フラワはゾーア程生きてはいないものの魔法においてはゾーアを凌ぐほどだ。それもフラワはエルフ種の古き者であるからだ。ゾーアは人種の古き者の為多くを卒なくこなせるが、ゾーアの場合は単純な戦闘能力が特化している。
 支度を終えて戻るとゾーアも着替え終わっていた。


「僕の方が遅かったかな?お待たせ」


「準備はいいか?では行くぞ」


 そうして家を出て行く。


 僕、ユール・シープの物語がこの時、始まった。

「A Living One」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く