アルケニアオンライン~昴のVRMMOゲームライフ。冒険生産なんでも楽しみます。

じゃくまる

第20話 アルケミアスライム


「おぉ~、食われとる食われとる」
「言ってる場合かぁ~~~!!」
「んなこといたってよぉ。でかくね?」
「まぁ、確かに大きいですけど、飲まれたスピカちゃんがかなりピンチですよ」
「大丈夫ですよ、服は溶けてません」
「そんな心配はいらないと思うけど……」
 
 スピカがスライムに食べられてから何回か攻撃を仕掛けてみたものの、一向に倒せる気配がなかった。
 というかあれだな、このスライム、明らかに変だ。
 なんというか、攻撃の意思を感じられない。

「さて、どうやったらこのヒュージスライムを倒せるかだけど……」
 まず、物理攻撃。

「そりゃあ!」
 ボヨンッ

「てりゃああ!!」
 ボヨンッ

「これたぶん、物理効かないんじゃないか?」
 剣による斬撃が効かないことだけは判明した。
 となると……。

「マイア、そのハンマーで叩けるか?」
「やってみる」
 プリースト見習いのマイアの主武装はメイスではなくハンマーだ。
 なぜかハンマーが気に入って、ハンマープリーストになっている。

「ていっ」
 ボフンッ

「斬るのがだめなら叩いてみろって思ったけど、叩いてもだめだったかぁ」
 やっぱり、スライムには魔術攻撃ってことかな。

「【フレイムバースト】」
 短く呪文を唱える。
 撃ちだされた火球がスライムに飛んでいくと、その巨体に吸い込まれ爆発を起こした。

 ズグゥゥゥゥン

「音が鈍いな。いくらか吸収されてるっぽいぞ」
 困ったぞ。
 爆発系は衝撃が吸収されるらしい。

「【プロミネンス】」
 ヒュージスライムの底面から紅蓮の炎が吹き上がる。

「ピギィィィィ」
 高熱の炎に曝され、スライムが甲高い悲鳴を上げるのを確認。
 これならいけるか?

「【フレイムファング】」
 リーンの呪文が発動する。
 炎に包まれた爪が、ヒュージスライムのボディーを抉ると、その部分だけが溶け落ちたかのようになくなっていた。

「炎系で攻めると行けそうだ。他は待機、魔術師で攻撃する」
「「「了解」」」
 俺とリーンの二人だけしか有効打は与えられない。
 もたもたしてると、スピカが窒息死するかもしれないからな。
 急がなければ……。

「【フレイムインフェルノ】」
 プロミネンスは地面から噴き出す形だったが、フレイムインフェルノはその体に纏わりつくように炎が這いずり回り、焼き尽くしていく。
 
「ピギィィィィィ」
 炎にあぶられ、体積を減らされていくヒュージスライムは、段々とその姿を小さくしていった。

「こんだけやってもまだだめか『フレイムインフェルノ』」
「合わせるよ『フレイムバイパー』」
 リーンのフレイムバイパーは炎で形作られた蛇だ。
 這いずり締め付け、俺のフレイムインフェルノよりも長時間に渡って拘束して焼いていく。
 なかなかにえぐい攻撃だけど、こういう手合いには最適だ。

「ピギィィィィ、ピギィィィィ」
 激しく悶えるように震えるヒュージスライム。
 その大きさも少しずつ小さくはなりはしたが、スピカを救助出来るところまではいっていなかった。

「でかすぎて攻撃出来ないってか? いやしかし……」
 このスライムはさっきから攻撃をしてこない。
 震えはするものの、大きすぎるのか、お得意の張り付きやジャンプ攻撃はしかけてきていなかった。

 スライムというのはアメーバのように不定形で、形を自由に変えてくる。
 体組成のほとんどが水分で、水分を含んだ分だけ大きくなるのが特徴だ。

「アーク君、注意して! 水鉄砲よ!」
 考え事をしている俺に、リーンの注意が飛んでくる。
 ふと見ると、スライムが身体を大きく膨らませていた。
 あれは体内の水分を圧縮して放つ水鉄砲という攻撃の前兆だ。

「射線から離れろ! すぐだ!」
 俺の指示を受け、後方の三人が射線から外れた。

 ブシャアァァァァァァァッ

 一瞬後、スライムから放たれた水鉄砲が直線状に発射され、後方の岩壁に大穴を空けた。
 えげつない威力だ。
 食らえば間違いなく、お陀仏だな……。

「水鉄砲に注意しつつ、このまま炎魔術で攻撃だ! プレスなどが来たらすぐに避けろよ!」
 スピカ、待ってろよ!


 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 唐突に現れたスライムに包まれたボクは、不思議な光景を見ていた。
 透明なゼリーの中に漂う、緑色に汚れた核が目の前にあるのだ。

(う~ん? スライムの中って不思議と温度を感じないんだな……。それにしても呼吸が苦しくないのはなんで?)
 普通なら窒息しそうなものだけど、不思議と呼吸が苦しくない。
 というか、呼吸してるのかが気になるんだけど……。

(狐のお嬢さん、助けて。外のお仲間が君を助けようと戦ってるのは分かるんだけど、私も体の自由が利かないの)
 不思議な声が聞こえる。
 女性っぽい声だけど、どこからだろう?
 まさか、スライム?

(君は、スライム? 性別なんてあったの?)
 ボクの問いかけに、謎の意思が応えた。

(性別はないけど、人族の女性型を取ることは多い。助けて、狐のお嬢さん。核が汚染されてて身体が言うことを聞かない。助けて……。苦しい……)
 スライムの意思はひたすら助けを求めていた。
 さっきから見える核が緑色に汚れているのが原因だろうか……。

(どうすればいいかわからない。どうすればいい?)
 助ける方法なんてわからないから、どうしようもない。
 一体どうすれば……。

(魔力結晶……、ムーンリーフ……、輝く泉の水が欲しい……)
 スライムの意思が言った材料には心当たりがあった。
 幸い、魔力結晶とムーンリーフは数がある。
 問題は輝く泉の水だけど……。

(輝く泉の水は分からないけど、ちょっと前に敵の出ない泉のある場所には行ったんだ。そこで汲んだ水ならある。これでいい?)
 3つの材料を取り出すと、スライムの意思から嬉しそうな意思が伝わってきた。

(ありがとう、これでよくなる。 待ってて、今治すから)
 スライムの中に漂わせた3つの材料が、スライムに召し上げられ、合成されて何かの薬品に変わっていく。

(薬品? なにこれ)
 見たことのない薬品だ。
 薬なのかな?

(汚染浄化液。闇の汚染、瘴気の汚染による病を治す。ありがとう、これで助かる)
 薬品が消えると同時に、核の緑色が水色になっていく。

(ありがとう、これで元に戻れる。今出すね。それと、もしよかったら友達になってほしい)
(うん、それは構わないよ?)
(ありがとう)
 お礼の気持ちが伝わると同時に、スライムがどんどん小さくなっていく。

 そしてやがて、ボクを外に出すと、15cmほどの小さな水たまりのような存在へと変わっていった。

「スピカ! 大丈夫か!?」
「大丈夫? スピカちゃん!」
「苦しくない? 変なことにはなってない?」
「スピカちゃん、身体どう? 大丈夫?」
「お姉ちゃん、無事?」
 5人がそれぞれに心配そうに語りかけて来た。
 ボクは身体を確認し、問題がないことを確認すると、みんなに伝えた。

「ボクは大丈夫みたい。それよりスライムだけど、どうやら何かに汚染されてたみたい。もう元に戻ってるはずだから安心して」
 ボクはそう言うと、足元のスライムを抱き上げた。
 液状に見える癖に、確かな弾力がある不思議な感触。
 これがスライムなのか。

「お、おい、大丈夫なのか?」
 アーク兄が心配そうにしている。

「うん、大丈夫」
 ボクはそう言うと、スライムを鑑定してみた。


================================
 状態:テイム
 主人情報:スピカ

 名前:名前がありません。
 年齢:1歳
 種族:アルケミアスライム
 性別:女性(変更も可能)
 職業:スライム
 
 レベル:1
 HP:10
 MP:10
 SP:5

 力:5
 耐久:5
 俊敏:1
 魔力:5

 所持スキル:
 ■生産技術
 【錬金術:ランク3】
 ■固有スキル
 【人化】【収納】【念話】
 ■攻撃スキル
 【水属性魔術:ランク1】
 ■防御スキル
 【硬化:ランク1】
================================
 ※スライム種の中でもレアな種類のスライム。
  スライムにしては意思を持ち、錬金術も行える。
  正確は大人しく穏やか、従順なスライム。
================================

 どうやらこのスライムは、レアな種類のスライムらしい。
 自分で薬作ってたし、やぱりそうなのか。
 あと、テイムしたことになってる。
 しかも、主はボクだっていうね?

「この子はもう大丈夫だよ。名前決められるっぽいから、後で決めてあげなきゃ」
 ボクはそう言うと、スライムの表面を撫でてあげた。
 
 スライムは微かに震えると、手の動きに合わせて体を揺らしていた。

「まさか、テイム?」
「ぽい」
「モンスターのテイムなんて初めて知ったな……」
 アーク兄は驚いていた。
 そもそも、テイム出来ることすら知らなかったみたいだしね。
 ボクも知らなかったけどさ……。

 こうして、ボク達の仲間に一匹のスライムが加わった。

「アルケニアオンライン~昴のVRMMOゲームライフ。冒険生産なんでも楽しみます。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く