美少女に恐喝されてフットサル部入ったけど、正直もう辞めたい

平山安芸

こんなんばっか



「あぁっ!! もうこんなんばっかっ!!」




 長い助走から繰り出された長瀬の一撃は、ゴールポストを直撃した。


 それと同時に、コート外から小さくないどよめき。
 分からんでもない。女子のシュートじゃないもんな。でも、驚くにはまだ早い。


 そのまま宙へ浮いたボールに向かって、長瀬と林が競り合う。
 先に触れられこそしたが、上手く身体をぶつけたことで方向だけは制限することに成功する。


 こぼれ球は、そのまま背後にいた俺の足元へ転がってきた。
 周囲を確認し、落ち着いてトラップ。


 しようと、した。




(……い、ってぇぇぇぇェェェェッッ!!!!)


 もはや踏ん張りが効かないどころの話ではなかった。


 足を動かすたびに激痛が全身を駆け巡る。
 多分、切れてはいないけど。「あのとき」と似たような怪我なんだろうな。


 痛みと濡れた芝生に足を取られながらも、なんとか左横の倉畑へ。
 すぐさま瑞希に展開。今度はフットサル部による、ハーフコートでのポゼッションが始まる。


 もはや走るなんて作業は到底無理で、俺はコート中央に鎮座したまま、ボールを回す。
 もう疲労困憊だろうに、三人はなんとかパスコースを確保しようと懸命に走り回る。


 ゴール前で瑞希がボールを受ける。
 俺にバックパスする振りをして、後ろ向きでフェイントを仕掛けた。


 滑る芝生の所為か、マークに着いていたサッカー部は分かっていてもその動きに着いていけない。
 反転してシュートまでもっていくが、ゴレイロに弾かれ、こぼれ球をクリアされる。


 またもボールはこちらに転がってきた。
 そのまま撃ってもいい程度の勢いだ。死ぬ覚悟で、いっちょやって。




「やらせっかよ!」


 シュートモーションに入ろうとする俺に肩をぶつけてきたのは、林だった。
 そのままバランスを崩し、転倒。林は素早く前線の甘栗に展開する。




「クソがッ!!」


 なんとか起き上がって帰陣を試みる。
 甘栗には長瀬がマークに着くが、なんなら二人の背丈はほとんど差が無い。
 一対一の勝負は難しいと判断したのか、すぐさま林にボールを戻す。


 彼のマークは、俺だった。
 だが、身体が着いていかない。寄せようにも、パワーを溜めることすら出来ないのだ。


 完全にフリーとなった林は、真横から止めに入った瑞希をワンフェイクで交わしに掛かった。
 不味い。撃たれ……。




「……違うっ、パスだッ!!」


 ここに来て、サッカー部のストロングポイントが発揮される。


 勝負を諦めたと思った甘栗は、即座に動き直しを始めていた。
 ホルダーの林に寄り気味だった長瀬は、奴のマークを一瞬だけ緩めていたのだ。


 左足から繰り出されたスルーパスは、長瀬の真横を通過し、甘栗の足元へ――――




「アァっ!?」
「うっそ、ナイスくすみんッ!!」


 先にボールに触ったのは、ゴレイロの楠美だった。
 ゴール前から飛び出して、間一髪のところでボールを蹴り出したのである。


 思わず抱きしめたいほどの歓喜に打ちひしがれるが、ボールはまだコート内を漂っている。
 反応したのはまたもキャプテン林。そのままダイレクトで、逆サイドに展開するが。




「おおっ! ナイスカット!」
「すごーい! あっちのチームの女の子、みんな上手いじゃんっ!」
「これはマジで分からねえぞっ!」




 倉畑の綺麗なパスカットが決まる。
 いつぞやの練習で見せてくれた、彼女の得意技……なのかは分からないけれども。


 ともかく、カウンターのチャンス。
 楠美は不器用ながらもドリブルを始め、少し進んだところで瑞希へ。




「瑞希ちゃんっ!」
「あいあいっ!!」


 そのまま林と対峙するが、体格差などもろともせず、しっかりキープ。
 コート中央。距離を取って、素早く前を向くと。




「なぁッ!?」


 林の間抜けな声と共に、ボールが宙に浮く。
 歓声が沸き上がる頃には、完全に彼を抜き去ってしまう瑞希。




「上手すぎか馬鹿野郎ッッ!!」
「あたしも目立たせろっっ!!」


 ボールを跨いで挟むと、同時に左足のかかとで一気に蹴り上げる。
 対峙した相手の遥か上空を通過し、立ち位置は完全に入れ替わった。


 ヒールリフトと呼ばれる、トリッキーではあるがコツさえ掴めば簡単に出来るフェイントだ。
 だが、あそこまでしっかりボールを前に運び、尚且つスピードを落とさないのは極めて難しい。


 瑞希の卓越したテクニックだからこそ成せる技だ。
 俺でもあんな高く上げられねえよ。バケモンかアイツ。




「掛かってこいやぁぁぁぁァァっっ!!!!」




 そんな言葉と共に、一気にゴール前まで突き進む。
 サッカー部たちはなんとか瑞希を止めるべく割って入ろうとするが。




「ううぉおおおおおっ!! あの子メチャクチャ上手えぞ!!」
「なにあれ!? サーカス!?」
「全然取られないじゃんっ!!」




 巧みなフェイントで次々と相手を交わしまくる瑞希。
 それでも段々と右サイドに追いやられてしまうが、ボールを失いそうには見えない。


 コートの角まで進んだ彼女は、飛び出してきた相手の足を足裏でヒョイと交わすと、つま先で中央に走り込んでいた長瀬へパス。


 相手ディフェンスの寄せに遭うが、巧みに身体を反転させ、左足でシュートを放つ!




「ああんもうッッ!!!!」


 間一髪のところで、飛び出してきた相手ゴレイロに防がれる。
 そのまま長瀬に着いていたディフェンスがボールを掻き出した。


 ロングボールとなり、そのまま倉畑の元へと飛んでいく。




「落ち着け倉畑っ! 前に出せばそれでええっ!」
「任せ――――」




 あっ。




「比奈っ!!」




 楠美の叫び声と共に、倉畑は芝生に足を取られたのか、その場で転倒する。


 彼女も油断していたわけではないだろう、
 だが、あのような浮いたボールを処理するのは、経験者でも簡単な作業ではない。
 それも雨で滑りやすいコートとなれば、尚更だ。


 そのまま転がり続けるボールに、やはり攻め残っていた甘栗が反応した。
 不幸中の幸いだったのは、振り続ける雨のせいか、芝生がぐちゃぐちゃになり大きく減速したこと。


 一向に痛みの引かない身体に鞭をしならせ、奴を追い掛ける。
 だが、間に合わない。右足の強烈なシュートが、楠美を襲った。




「キャっ!」




 闘いの場には似つかわしくない、可愛らしい声だった。
 思わず身体を仰け反らせた彼女だったが、それでも、それでも。


 僅かに残っていた右手がボールに当たる。完璧な、これ以上ないセーブだ!


 シュートを撃った勢いか、甘栗もその場で転倒してしまう。
 よし、そのままボールを掴み直せ……!




「って、お前もかよっっ!!」


 シュートを受けた反動で、やはり楠美も転んでしまった。
 転々と転がるボール。誰かがクリアしなければならないが、残る三人は、まだゴールから遠い。


 行くしかねえ。絶対に、止める。




 反応したのは、またも俺と林。若干の差ではあるが、林の方がボールに近い。
 ここまで来ては、綺麗に奪い切ろうなんて考えも出てこなかった。


 シュートモーションに入る林。俺は、意を決して、身体を横に倒す。


 頼む、どこでもいい。どこかに当たってくれ――――!










 歓声が、響いた。




 確かに当たった。当たってくれた。
 けど、そんな都合よく、綺麗に放物線を描かなくてもいいだろ。






 左肩に直撃し、宙に浮いたボールは、俺は勿論のこと。
 甘栗と、ようやく起き上がったばかりの楠美の、僅か指の先を通過し。


 静かにゴールネットを揺らした。






【後半5分44秒 林


フットサル部3-2サッカー部】







「美少女に恐喝されてフットサル部入ったけど、正直もう辞めたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く