絶対神の異世界チートハーレム無双!?

guju

一時の再誕

 目的の場所は、少し古びた、だけれども手入れの行き届いた小さな家。
 その家の前には、まだ新しい墓が1つ、綺麗な花に囲まれて居る。

「ゼロさん、なんで俺の家に? 」

 そう、ここはルーシェが恋人であるシルヴィと住んでいた家だ。

「そうだ、少しお前に渡したいものがあってな」
「ゼロさんが俺に?」
「あぁ、少し家に入って待っててくれないか」
「分かりやした……」

 不思議そうに、だがルーシェは何も言わずに家に入った。
 ゼロのことだから、何か理由があるのだろうと、そう思ったからだ。

 ルーシェが家に入るのを見届けて、ゼロは八咫烏を呼び出す。

「例のものを」
「承りました」

 八咫烏は、自らが保有する異空間に保存しておいたシルヴィの死体を取り出し、地面にそっと置く。

  気づつけられていた身体は、まるで何事も無かったかのように綺麗になり、美しい白いドレスを1枚纏っている。
 今にも動き出しそうな彼女だが、身体は冷たく微動だにしない。

 「主様のお言葉通り、折れた骨や神経は完全に再生させあとは魂を入れるのみの状態にしておきました」
「そうか、良くやった」
「有り難きお言葉……。では、私はこれで」

 空間に吸い込まれるように、八咫烏はこの場を後にした。
 恐らく、神界に戻ったのだろう。

 さて、始めようか。

「天に帰りし一柱の魂よ、禁忌を超えて、今この地に再臨せよ。''俗界天来''」

 天から1本の光の柱が、シルヴィの胸のあたりを突き刺さるように照らす。
 その光の中を、青白い玉が泳ぐように進み、シルヴィの胸に納まる。
 そして、光の柱は静かにきえさる。

 すると、今まで死して動かなかったシルヴィが、ゆっくりと目を開き身体を起こした。

「絶対神の異世界チートハーレム無双!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く