絶対神の異世界チートハーレム無双!?

guju

その夜、誰にもバレぬよう宿を1人抜け出したゼロは、神力を使い転移で街の外に出ていた。

この世界に、転移なる魔法は存在していないのだ。

光が全くない森の中を歩き、少しすれば少し開けた場所に出た。
そこには、リュカがいた。

「お待ちしておりました。絶対神様」
「やっぱりお前か、リュカリア」
「えぇ、私も驚きました。まさか貴方様がこの世界にいらっしゃるとは……」
「そうだ、お前の弟もこの世界にいるみたいだが? 」
「知ってますよ。私についてきたのですから 」
「そうなのか。まぁ、よろしく伝えといてくれ」
「分かりました。これからも、よろしくお願い致しますね」
「くれぐれも、正体がバレるようなことをするなよ」
「もちろんでございます」

リュカはゼロが立ち去るのを確認して、その場を離れた。

リュカ……リュカリアは絶対神ゼロが作り出した神獣の1種であり、双子の皇狼だ。

その他にも、ケルベロス、フェンリル、フェニックス等様々に居る。

ゼロは少し森を歩いてから宿の部屋へと直接転移した。
宿を出る時、誰にも見られていないため、受付に、怪しまれる恐れがあるからだ。

「ご主人様……」

部屋に戻ると、タイミングよく直ぐにリルの声が聞こえた。
恐らく、後で来いと言ったやつだろう。
ゼロはリュカに言ったつもりなのだが、リルがそぶんだと勘違いしてしまって居るようだ。

「あぁ、入れ」
「失礼致します」


「絶対神の異世界チートハーレム無双!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く