絶対神の異世界チートハーレム無双!?

guju

リュカ

目の前に現れた狼は、ゼロとルーシェをじっと見る。
それぞれ数秒であったが、ルーシェはその気迫に圧倒されていた。

だが、直ぐに優しい顔になり話し始めた。

「久しいな、リルよ」
「久しぶり……リュカ」

「な、しゃ、喋った……」
「ほう、話す魔物は初めてか? 死の宣告者よ」
「お、俺を知っとるんか? 」
「ある者から聞いたことがあってな」

ある者とは誰なのか、ルーシェは喉まででたその質問を、ぐっと飲み込んだ。
何故か、それ以上詮索しては行けない気がしたからだ。

「こんな所にいるのは、訳があるようだな」
「あぁ、訳ありだ」

ゼロを1目見てから言ったその言葉に、ルーシェは反応する。
だが、まぁいいと軽くあしらったリュカは、リルの方え行くと彼女の胸に顔をうずくめた。

「もう少し頻繁に我を呼んで欲しいものだ」
「ごめん……仕方が無かった」
「理由は、奴隷か? 」
「なん……で? 」
「それくらい分かる。そなたから流れる魔力に、奴隷紋のものが混じっておるからな」
「そ、そうなんだ」

2人の会話が続く中、ついに待つのが嫌になったのだろうか、ゼロが声を上げた。

「おい、続きは後にしてくれないか」
「ご、ごめん……なさい」
「お前の力はよく分かった。そいつが居れば使えるだろう」

ゼロはリュカの目をじっと見つめ、言う。

「後で来い」
「分かり、ました」

リルに行ったものではないその言葉に、リルが反応する。
当然だろう、ゼロがリュカを呼ぶとは誰も思っていないのだから。



その後、一先ず街に戻ったゼロ達はたまには1人になりたいというゼロの意向の元、寝室が別れている高めの部屋に移り変えた。

「絶対神の異世界チートハーレム無双!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く