絶対神の異世界チートハーレム無双!?

guju

「そう言えばまだ何も聞いていなかったがリル、お前の力はどの程度のものなんだ? 」
「私自身は……弱い。だから、友達が助けてくれる」
「ほう、その友達とやらを、一度見てみたいな」
「分かった……どこか、広い場所」

リルの友達とやらを一目見るために、貴族街を歩いていたゼロ達は真反対にある街門 まで向かった。

「ルーシェ、奴隷の通行書の類は必要ないのか? 」
「えぇ、奴隷は「物」として扱われてますけぇ通行許可等は特に必要としてねぇです」
「そうなのか」

それは良かったとリルの頭を乱暴に撫でると入った時と同じようにルーシェ頼みで外に出る。
ゼロは、未だにギルドカードを作成していないのだ。

無事、ルーシェの力を使って外に出た3人は魔物を呼び出すということで少し人目に付かない荒地にやってきた。
ここの荒地には、無駄に強くそのくせして金にならない魔物が多い為、普通の冒険者はこんな所には来ない。

「ここならば大丈夫だろう。リル、召喚して見せろ」
「わかり……ました」

リルは、数歩前に進む。そして、詠唱を放つ。

「親愛なる友、気高き白銀の狼リュカ、私の元に」

金色に輝く魔法陣が目の前に展開されると、1匹の狼が姿を現す。
その身体は馬の2倍ほどはあり、毛並みは毛布の様に触り心地が良さそうだ。







ルーシェの話し方や方言っぽいのは非常に適当なものなので使い方が本来と違ったり、意味が違ったりしてもスルーしてください。

雰囲気や、語呂のみで決めています。

「絶対神の異世界チートハーレム無双!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ロキ

    「ますけぇ」「ねぇです」より「ますんで」「ねぇんです」の方が(以下略,,,,)これからも頑張ってください!

    0
コメントを書く