絶対神の異世界チートハーレム無双!?

guju

 鮮やかな水色のワンピースには、右下に細やかな蝶の刺繍が施されている。
材質もよく、一目見れば高価なものだと分かる代物だ。

そんな服を、リルは戸惑いながらも試着していた。

「似合うじゃないか、1つ目はこれにしよう」
「ご、ご主人様……私、奴隷……こんな良い服貰えない」
「さっきも言ったであろう、ある程度の服を着てもらわなければ、我が不愉快になると」
「でも……奴隷はこんなの……」

それでも食い下がるリルに、ルーシェが優しい顔で言う。

「リル、マスターに普通を求めるのが間違いですぜ。有難く受け取っといた方がええ」
「普通……じゃない? 」
「あぁ、マスターの考えはな」

ニコッと笑うルーシェに、リルは顔を青ざめる。ルーシェは何が何だかわからないような顔をしていたが、リルの目線の先が自分の後ろであることに気づいて振り返る。

「ルーシェ、お前は我が普通でないと思っていたのか」
「ま、マスター!? い、いや、そんな事はねぇです……」
「ハッハッハ……普通でないか、そうかもしれんな」

笑いながら手に持った沢山の服をリルに重ねる姿を見て、ホットている。

「よし、この5着を買って来てくれ」

そう言って先程の水色の服とその他4着をルーシェに渡すと、ゼロは店の外へと向かっていった。

「な、言ったやろ? 」
「ほんと……だ」
「よし、さっさと会計済ませて行くか」
「うん」

会計を済ませると、ルーシェはリルに水色の服を着せ元々着ていた麻布の服の処分を店に頼み、店を後にした。

服の代金が思ったより安かったのは、ゼロの配慮なのだろうか。そんなことを考えているルーシェに、ゼロが未だに貨幣の価値がいまいちわかっていないことなど知るよしもなかった。

「絶対神の異世界チートハーレム無双!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く