絶対神の異世界チートハーレム無双!?

guju

奴隷2

ゼロとルーシェは大通りから少し外れた人通りの少ない道を歩いている。

少し薄暗い路地には、ボロボロの服を着た貧民層の物が壁にもたれ掛かるようにして座っているのが見える。
酒を手に持つもの、眠っているもの様々だ。

それから他愛もない話ーーと言っても、ルーシェが話しているのが殆どだがーーをしながら数分歩き続ける。

すると、貧民街とは不釣り合いな建物が目に入った。
白い壁に紺色の屋根。貴族外にある高級店と言われても何一つ違和感を感じない外見である。

「ここですぜ」

やはりと言おう、ルーシェはその店の前で止まった。

これだけの建物を建てられる財力がありながら、何故貧民街に店を構えるのか。
答えは簡単だ。

奴隷自体は法律では禁じられていないが、なかなか中には禁止されている種類もある。

奴隷にも複数の種類がある。

まず1つ目は、犯罪を犯したものが一種の罰として下される奴隷。
''犯罪奴隷''

2つ目は、借金の形としてなる奴隷。
''借金奴隷''

3つ目は、盗賊などが誘拐した女性や、男女の子供を買い取って秘密裏に売買される奴隷。
''性奴隷''である。

この3つ目の性奴隷の存在が、法律で禁止されているのである。
だが、呼び方として性奴隷と定着されているだけであって、借金奴隷でも性奴隷のような扱いを受ける場合も少なくない。

故に、表立っての商売は行いにくいのだ。

ゼロ達は、茶色い両開きの扉を開けて奴隷屋の中に入っていった。

「絶対神の異世界チートハーレム無双!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く