絶対神の異世界チートハーレム無双!?

guju

救出2

「ぐぉ! 」
「がはぁ! 」

異変に気づいた男達が武器を片手に階段を登ってくる。
ゼロは、その男達がゼロの存在を認識する前に、首を切り命を奪っていく。

死に様に呻き声をあげるが、その声はもう既にゼロには届かなかった。

階段を降りると、木製の扉が現れた。
サイドには蝋燭が灯されており、うっすらと明るい。


バタン! と、大きな音を立てながら扉を蹴破るとゼロは目の前の光景を見て絶句した。

左目をナイフで抉られたルーシェが両腕両足を曲がらぬ方向に曲げられて、地面に横たわっていた。
その頭の上に、椅子に腰掛けたソニーの足が乗っていた。

「ぜ……ろ……」

息を吹きかければ直ぐに消えてしまいそうな弱々しい声でルーシェはゼロの名前を呼ぶ。

「ルーシェ、大丈夫か……って、そんなわけはないか」
「おれは……ぶじや……シルヴィは……?」

ルーシェのその問いにゼロは口を噤む。
その女は、ルーシェがここまでして守っていた女は、既に死んでいるのだ。

「ぜ……ろ? どう……した? 」

ゼロが口を噤んでいると、ソニーが笑いながら口を開く。

「ルーシェ、まだあの女が生きてると思ってるのかぁ! あぁ、ハッハッハ! 」
「え? 」
「あの女は、もう既に……」
「黙れ」

その言葉に遮られると、ソニーが全てを言い終える前に、ゼロが彼の顔を蹴り飛ばす。
座っていた椅子は壊れ、ルーシェは壁に激突する。

「ぐはぁっ! 」

血反吐を吐き、蹴られた部分を抑えながらヘラヘラと笑っている。

「おぉ、怖い怖い。俺じゃなきゃ死んでたぞ? 」

その間にゼロは、既に保っていることすら限界だった意識を失ったルーシェに詠唱を始めた。

「絶対神の異世界チートハーレム無双!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く