絶対神の異世界チートハーレム無双!?

guju

ギルド6

「貴様、俺を怒らせたようだな」


まるで般若のごとく恐ろしく、怒り狂った表情でゼロを睨みつける。
ソニー・ラングラ、吸魔鬼と謳われる彼は、赤くドス黒いオーラを纏っている。


ーー否ーー


実際には見えないのだが、彼の怒りの域はその程度までに達しており、その余りにも大きい怒りが、そのオーラを纏っているかのように錯覚させているのだ。


「この俺を侮辱した事を……死して償えぇぇ! 」


常人ならば、感知すら出来ないであろう、そのスピードでゼロに斬り掛かる。

だが、その勢いよく振り抜かれた細剣は、風を切る音を立てながら、宙を空振る。

「なっ! 」

ソニーは、剣を避けられたことへの驚きの声を上げ、それでも尚斬り返そうとゼロに向かうが、そこにゼロの姿は既に無かった。


「どこを見ている? 」


背後から声が聞こえる。
ソニーはすぐさま後ろを振り返るが、時は既に遅かった。


ーーメキッ


人を蹴った音とは思えない不気味な音が鳴り響く。
ゼロの放った蹴りはソニーの腹部にめり込み、その振動は身体を伝いソニーの肋の数本を粉々に粉砕した。
ソニーは机を巻き込みながら吹き飛ぶ。

「グガァッ」


肺に溜まった酸素と共に、口から吐き出したのは血。
折れた肋が臓器に突き刺さり体内に血を流し、その血が肺から押し出された空気と共に、体外へ放出された。

床には、血が飛び散り、吹き飛ばされたソニーによってこぼれた酒や食い物が散らばっている。

「お、お頭ぁ! 」

子分のひとりが駆け寄るが、ソニーは不規則な呼吸をするので精一杯な様で、まともな返事を返す事すらままならない。
幸い死してはいないものの、このまま放置しておけば、過呼吸により命を失う可能性が高い。

「Sレートのお前がSSレートのルーシェを如何にして従えているかは知らぬが……」

ゼロは一呼吸置いて、口を開く。

「俺の知り合いに巫山戯た真似をされたのでは、たまったものでないわ」

ゼロは、抜いたままの刀を未だ尚、苦痛に見舞われ、無様に地面に倒れているルーシェの顔に刃先を近ずける。
その刃先は、ソニーの頬を掠め、1本の切り傷から少しばかり血が垂れる。

「次ふざけた真似をすれば、その命……容赦はしない」

行くぞ。 そうルーシェに告げると、振り返ることなくギルドをあとにした。


「絶対神の異世界チートハーレム無双!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー304999

    あれ、登録....

    0
  • 名無し

    ゼロさんかっけぇー

    3
コメントを書く