絶対神の異世界チートハーレム無双!?

guju

ギルド2

ルーシェに連れられ中に入る。
鼻を強く刺激する、様々な酒の匂いが漂い、飲み食いをしている屈強な男達のむさくるしさに息が詰まる。

チラホラと女性もいるようだが、圧倒的に数は少なく、比率でいえば7:3くらいになるだろう。

「よし、ほな俺達も飲もうやないか!」

「いいのか? 俺は金を持っていないぞ?」

「ええで、気にすんな! こう見えても俺、結構稼いでんねんで」

笑いながらそういう彼に、ゼロは甘える事にした。
この世界で初めての食事。
どこまで口に合うか分からないが、ゼロの中での優先度はかなり高い。
神と言えど、「食」には興味があるのだ。


「姉ちゃん! エール2つと適当につまみ持ってきてくれや」

「あら、ルーシェさんじゃないですか! 分かりました。少し待っててくださいね」


からになった皿を運ぶ女性を止めたルーシェは注文をする。


「ここの飯は美味いんや! 」

「そうなのか、楽しだな」

しばらく話しながら待つと、先程の女性が大きな木のジョッキに溢れんばかりのエールをいれ、もう片方の手には小さな山が皿の上に出来るくらいの量の何かが運ばれてきた。

「はい、お待たせしました! エールと、肉と野菜の炒め物です」

「おおきに、姉ちゃん! 」

「いえいえ、ではごゆっくり」

料理と酒を机に並べると、軽く頭を下げて仕事に戻って行った。

「よっしゃ、ゼロ食べよか! 」

「あぁ、頂くとしよう」

2人は、フォークを手に持ち炒め物を口に運ぶ。

「うん、美味いな! 」

「あぁ、美味だ」

どうやらゼロの口にもあったらしく、二口目、三口目と手が止まらない。
そして、肉の油を流し込むように飲んだ酒は、とても爽快だった。

それから暫く、2人で他愛もない話をしながら何杯もの酒を飲み、楽しい時を過ごしていた。




2人のエールのジョッキが5杯目に突入しようとした時、勢いよく開いたギルドの扉に、今まで騒がしかったこの空間は、一瞬で静寂とかす。

入ってきた人物は、派手な金色の髪に、派手なアクセサリーを沢山みにつけた細身の男だ。
後ろには数人の男と一人の女がついている。

「うい! 」

軽く手を挙げて一声かけて入ってきた男達は辺りを見回すとゼロ達の方を見て、こちらに向かってきた

「絶対神の異世界チートハーレム無双!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 名無し

    お約束の展開(テンプレ)が
    あると願ってます

    5
コメントを書く