絶対神の異世界チートハーレム無双!?

guju

曇に覆われた真っ白な空とは対象的に、黒塗りの門の奥から少し顔を覗かせる街並みは、賑やかだ。

その街並みに、ゼロは頬を緩めた。
今まで、自分がつくりあげてきた長い時をかけ、変化を繰り返した世界を、直に体験する事が出来るのだ。
心が高まらないわけがない。

いつも神界から見ていた賑わった街が、今自身の目で、何ら変わることなく賑わいを見せていた。

「はい、次!」

騒がしい門前でも届く大きな声に促されて、前に進む。
春の暖かい日、少し肌寒い風が黒塗りの門の長蛇の列に篭った熱を吹き流した。

「冒険者か? ギルドカードの提示を頼む。」

横にいたルーシェが、空中に右手を伸ばすと、そこに黒い亀裂が入り、手を飲み込んでいく。
そして手を抜くと、そこには1枚のカードが握られていた。

ルーシェは、それを門番に渡す。

「え、SSレート冒険者、''死の宣告者''様ですか!」

「その異名は久々ですな。兄ちゃん新人か? この街じゃ誰もその異名で呼ばんですぞ」

門番はカードとルーシェを見比べ、オドオドとしている。
それをゼロはクスクスと笑っている。

「は、はい。今日付で門番に配属されたものです」

「そうですかい、まぁ、覚えとってくださいな」

そう言って門をくぐろうとするルーシェにゼロはついて行く

「ちょ、ちょっと待ってください! そのお連れの方は……?」

それを聞いて止まると、ルーシェは顔だけ門番に向け、手を振りながら言う。

「それは俺の客や。こいつがなんかしたら俺が責任とるから問題ない」

「は、はぁ。ですが規則として……」

新人の門番がそう言いかけると、奥から中年の髭を生やした男が出てくる。

「あぁ、ルーシェさん! それなら構いませんよ。どうぞお通り下さい」

「おう、サンキューな! ほないこか」

こうして、ルーシェのおかげで、無事街に入ることが出来た。

規則として身分を証明できるものが必要だった故、ゼロは、1人で来なくて良かったと心底おもっていた。

街に入ると、活気のある人々の声が聞こえ、活気のある屋台からのこんがりとしたいい匂いが鼻を刺激した。

「絶対神の異世界チートハーレム無双!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く