シンリーは龍族の子に呪われた

千夜ニイ

消えたセーレン

「付いてきちゃダメだぞ、絶対来ちゃダメだからな」

 龍族たちに付きまとわれて迷惑していたある日、龍族の少年セーレンは、私の前に現れると朝一番からそう言った。
 まだ日は昇り始めたばかりで、いつもの私なら寝ている時間だ。
 わざわざ寝ている私を叩き起こしてのこの台詞である。

 そして言い終えたらそれで満足したのか、身を翻し空へと引き返していった。

「押してダメなら引いてみる作戦か? 行かないぞ、私は。ふああ、眠い。今日は静かに寝れそうだ。その後狩りに行くか」

 剣を思う様に振り回し、自由に魔物を狩れる久し振りの解放感で、私は充実した一日を過ごした。

(ああ、仕事が捗る!)

 数週間振りの高額報酬に、胸が高鳴る感動を覚えていた。
 身体が震えるほどの高揚など久しく味わっていない。

「剣だ! ついに手に入れたぞ」

 数日後、私はついに手に入れた。
 人類の技術を用いて、魔物の素材から作り出した、新しい武器を。

「岩石の様に硬い魔物の皮も、金属の様に硬い筋肉も、スパリと切れるこの切れ味。最高だ!」

 頰が赤く染まるのも、口が勝手に笑みを形取るのも、今は仕方ないと言うものだ。
 私の手に入れたこの剣は、ただの金属ではなく細胞でもある材質で作られており、決まった形状から形が崩れると自動修復されるという。

 剣にではなく鎧にこそ生かせそうな機能だが、剣としてもちょっとした刃こぼれならすぐに修復される。
 手入れが格段に楽になり、長時間の戦闘にも耐えられる。
 切れ味も頑丈さも、もちろん問題ない。

 私は意気揚々と魔物狩りの機会を待っていた。
 何を相手にしようか、手堅く行くか挑戦するか。

 新しい相棒を振り回し、手に馴染ませ自分の物にする。
 今日の標的を遠方の上位魔物に定め、出発しようとしたその時、町の中で流れる噂話が耳に入ってきた。

「聞いたか、魔族が本格的に龍族と戦い始めたって」

「なんだって? 魔族はずっと人族を狙ってたじゃないか。食い物としてよ」

 昼休憩だろう男が二人、食堂の外の飲食スペースで昼食を取っている。

「それがほら、人族にはあの剣士がいるだろ。どんな魔物にも怯まず挑んで、次々に倒しちまう勇者。軍隊の兵器で落とせなかった魔族どもも警戒して攻めるのを躊躇してるらしいぞ」

(人族にそこまで強い奴がいるのか)

 私は驚きと同時に興味を惹かれ、男達の話に耳を傾ける。
 魔物に対し、人族の身で戦いを挑み勝利するとは、生半可なことではない。
 それが、上位魔物のさらに進化した、魔族にまで警戒される人族とは。

「ああ、あの女狂戦士! 魔物の群れを次々と一人で撃退し、グリフォンや凶暴ザメにまで一人で挑んでく異常な強さの剣士だろ」

「普段は兵士として討伐して、休日には一人で上位魔物に挑んでくるらしい。それが一日で百キロの道のりを走って、討伐して帰ってくるそうだ。それで仕事に遅れを出した今年がないってんだから、驚きだ」

「仕事馬鹿か、戦闘狂か。いるんだな、そんな奴。俺にはそこまで出来ねえよ。
 そうだ俺が聞いた話だと、バイソンを蹴り飛ばしながら、土竜のやつを拳で殴り潰したって。化けもんみたいな強さだよな。
 あぁ勇者シンリー、早いとこ魔族の奴らをどうにかして欲しいもんだ」

(シンリーって私のことかよ)

 思わず空気を飲み込んでしまいゴホッと小さく咳を吐く。
 余りに過剰に脚色された噂話に、笑いを通り越して気が遠くなってくる気分だった。

 男達の噂話でのシンリーの活躍は、そのほとんどがセーレンの仕業で、彼は人族ではなく強大な力を持つ龍族だ。

「そうそう。で、勇者のおかげで人族は助かってる訳だが、最近龍国は戦力が手薄になってるんだと。
 元々数の少ない龍族が、あっちこっちに散らばって、噂では行方不明の龍族の末子を探してるとか」

(龍族の末子って、セーレン!?)

 噂とは言え、各種族の動向は気になり、ますます聞き耳を立てる。
 けして、セーレンの存在が気になったからではない。

(って、私は何に言い訳をしてるんだ)

 さりげなく男達の横に座り、水筒の茶を飲むフリをして話の続きを待つ。

「シンリーは龍族の子に呪われた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く