シンリーは龍族の子に呪われた

千夜ニイ

龍国

 一度繋いだ龍族の少年セーレンと私の命を切り離すには、龍国まで行って、少年の両親を説得しなければいけないと言う。

「面倒だな」

「龍の国まで俺の翼ならひとっ飛びだ。そんなに時間は取らせない」

 セーレンの言葉に仕方なく頷き、セーレンに抱えられ私は空路を遥々、龍国へとやってきた。

「おおセーレン、帰ったか。グリフォンはどうじゃった? お前ならちょちょいと倒せたんじゃろ?」

 口の周りに豊かな髭を蓄えた龍族の男性が、満面の笑顔でセーレンを出迎えた。
絹でできた衣装は細かな刺繍が施され、この男の身分が低くはない事を知らしめる。

「グリフォンはエリカが倒した。そのために父さんが無理やり連れて行かせたんだろう。それより約束だぞ、ちゃんと用意できてるんだろうな。安いのじゃないぞ、人間が育てた、ちょー柔らかい特上の牛肉だからな」

「お前がグリフォン倒すって言って聞かずに飛び出しおったくせに。まあいい。大丈夫じゃよ。きちんと人間とは話しがついておる」

 うんうんと笑顔で頷く龍族の男。

「まぁセーレン、無事でよかった。んー、今日もいい顔ね〜」

 男に伴われ大きな屋敷の中に入ると、可愛らしい龍族の女性がセーレンを抱きしめた。
 本人のふんわりとした雰囲気と、明るい色彩のドレスが相まって、花の妖精のような人外の気質を纏っている。

「母さん、やめて恥ずかしい。人の前だよ」

 恥ずかしそうに母親を押しのけるセーレンではあるが、その顔は満更でもなさそうだった。

「だあって私の息子はこんなに可愛いんだもの〜。あら、お客さん?」

 親しげな様子で首を傾げて、いらっしゃいと微笑む龍族の女性。

「ああ。彼女が父さんと母さんに会いたいって言うから連れてきた」

 セーレンが私を両親の前へと押し出す。

「来たいんじゃなくて、来ないと命を切り離せないってお前が言ったんだろう!」

 状況を違える説明に、かっと頭が熱くなり、私は思わず声を荒げてしまった。

「一度繋いだ命は、本人が切り離したいと願うことと、他の龍族二人以上の力が必要なんだ」

怒りに顔を赤く染めた私に、セーレンが真面目な顔で説明をする。その静かで落ち着いた様子を見ているうちに、私は冷静さを取り戻していく。

「なら、龍国であるここに龍族は何人もいるだろう。早くこの呪いを解いてくれ」

「えー、いいのか? 俺と同じ命だぞ、龍族だぞ。何万年も生きられるんだぞ!」

 今度は乞うような口調でセーレンが念を押す。

「何万年!? 冗談じゃない、百年でも長いのにそんなに生きられるか。この呪いを早く解け」

 セーレンの両肩を掴むと私は感情に任せてグラグラと揺すった。
 この少年に出会ってから私はイライラとさせられっぱなしでいる。
そのうち血管が切れるかもしれない。

「シンリーは龍族の子に呪われた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く