シンリーは龍族の子に呪われた

千夜ニイ

二十年後のシンリー

「あの時の私は弱かったな」

 あの日、町を襲ったのと同じ獣を、いや『魔物』を数十頭切り伏せ終えて、私は剣の血を布で拭っていた。

 私の全身の筋肉は熱を持ち湯気を上げているし、古傷だらけの皮膚は分厚く鎧のように硬化している。

「この力があの時にあればーー」

 故郷が滅ぼされてから二十年、剣技も足の速さも、武器を振るう腕力も、私が死に物狂いで身に付けてきた、生き残る術だった。

 魔物との戦いの中で、幾度となく死を目前にしながら、私は生を掴んできた。
 友人達の死に際に、何も出来なかった己を恥じて悔い、心身を鍛え上げ、一人ででも魔物達と戦えるだけの強さを手に入れた。

「もう誰も、帰ってこないけどね」

  感傷に浸っていた気分を入れ替え、ぐるりと視線を回して、私は周囲に見えるライオンの魔物をあらかた片付けたことを確認する。

 これで討伐の報酬を貰うには充分なはずだった。
 今の私はこの通り、グレーライオンの群れを一人で一蹴できるまでになったのだ。

「さて」

 魔物の死体などはそのまま放置して、本来の私の目的である上位の魔物を目指すことにしよう。

「おい!」

 私が身支度を整えて、先へ進もうとした時、幼い少年の声がした気がした。だが、上位の魔物と戦うという重要な予定のある私には、気に留めている暇のない事だ。

 先ほど私が戦って倒した魔物は、ライオンが元になった灰色の毛皮の大型肉食獣だ。
 グレーライオンと呼ばれ、三十〜五十頭の群れを作り、集団で狩りをする。
 群れで最も強いリーダーを中心に数頭は頭の周りに立派な鬣を生やしている。

 ただこいつらは、魔物とは言っても所詮は大型なだけの肉食獣。
 魔族の様に頭が回る訳でも、罠を張る技術があるわけでもない。
 武器を持った大人の男ならグレーライオンは倒せる。

 私のように名剣を手に入れ、毛皮を容易く貫く腕力と、口腔から脳へと一撃食らわせる技術を持ち合わせれば三十頭の群れも苦ではない。

 むしろこれは目的の上位魔物であるグリフォンにたどり着くための、通り道にいる雑魚どもだった。

「シンリーは龍族の子に呪われた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く