シンリーは龍族の子に呪われた

千夜ニイ

魔族からの宣戦布告

 ざわざわざわ。
 ――何かの、音がする。


 ざわざわざわ。
 ーー人の声。足音。土を耕す音?


 その『生きている音』を聞いて私の全身を安堵が駆け巡った。


 ーー体中、いたい。
 起き上がろうとして体に力が入らない。
 目を開けようとして痛みに悲鳴を上げる。いや、上げようとした。


 喉からは声が出ない。
 体が勝手に震えだす。
 ーーなに? 何で? 私の体どうしちゃったの?
 自分の体なのに、自分の思い通りに動かない。


 ーー逃げなきゃ、逃げなきゃ……。


 ガタガタと震える体を何とか前に動かし、脳から送られてくる『逃げろ』という生きるための命令に従おうとする。


「に、げる? なにから」


 声はほとんど言葉になっていなかった。
 ガツガツと歯の鳴る音が頭に響く。
 必死に記憶を辿り、私は急速に全ての場面を思い出した。意識を失う前の出来事を。


「っやぁーーーー!!」


 目の前で食い殺されていく友人たち。
 町を襲った無数の獣。


「お、おい。何かいるぞ!」
「こっちだ」
「この下だ」
「気をつけろ、奴らの残りかもしれない」


 複数の男の声がしたが、何を言ってるのかは聞き取れない。
 ただ、自分の喉から言葉にもならない叫びが出続けた。


「子供だ! 生きてるぞ!」
「生存者がいたぞぉ!」
「よーし、もう大丈夫だ。大丈夫だよ。怖かったな」


 男の一人が私を抱き上げた。
 ゆっくりと背を叩かれ、強く抱きしめられ、生きている体温の心地よさに安心して、私はだんだんに落ち着きを取り戻した。


「助かったのはこの子だけか」
「他は全滅だ」


 話し合う男達の声は暗く沈んでいた。


獣族じゅうぞくの国に一番近い町だったからな」
「それでも、ずっとおとなしくしてたのに。いきなり戦争を仕掛けてくるなんて」


 ぎりっ、と誰かの歯ぎしりの音が聞こえた。


「その子供を、まずは治療所に連れてってやれ。全身汚れているし疲れ切っている。そのままでは可哀想だ」


 誰かの声に、私を抱き上げた男がそのまま歩き出し、テンポよく揺れる体に、私は安らいだ心地でうとうととし始めた。


「この町はもうだめだ。必要な物資を持ったら撤退を始めるぞ、救護班は基地に戻れ、我が隊は戦線に合流する」


 大きな音で聞こえてくる声は、私にはもう、意味を理解することはできなかった。


「獣国は名を変え魔族国となった。これより戦うのは今までの獣ではない。
 獣族じゅうぞくはどのような方法を使ってかその身を進化させた。
 全身を金属や岩石で構築し、酸や溶岩を吐き出す『魔族』と称するものになった。
 そして人間国に従属するよう求めてきた。
 この町の蹂躙は奴らの宣戦布告だ。


 我らはこれを良しとしない。
 人類には知恵がある。知能がある。知識がある。協力し合ってこの難敵に立ち向かおう!」


「「「おおう!!!」」」


 ――目が覚めた時、私の知る世界は大きく変わっていた。

「シンリーは龍族の子に呪われた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く