シンリーは龍族の子に呪われた

千夜ニイ

儚き英雄

「はっ、はぁ、はぁ。あっ」


 必死に走る私は、小さなくぼみに足を取られて大きくバランスを崩した。
 勢いの付いた体はなだらかな丘をごろごろと転がり落ちる。


 体が止まった時にはすっかり目が回っていて、立ち上がろうとしても、どっちが上でどっちが地面だかもわからなかった。


『ガルゥ』


 私のすぐ側で獣の唸り声がした。
 全身に電気が通ったような痛みが走り、心臓が尋常でない鼓動を刻むんだ。その瞬間、方向感覚が戻った。
 仰向けで倒れていた所を、反射神経の速度で跳ね起きて、間一髪私は足を失わずに済んだ。


 けれど、獣と向き合った今、どうすればいいのか。
 背を向ければ爪が襲い、立ち向かえば牙が襲い、私の体が引き裂かれる運命しか思い浮かばない。


 体中を冷や汗が流れていく。
 逃げるしかない事は分かっていても、その逃げ出す隙も場所もない。のんびりしている時間もない。


『ギャン』


 突如、太い木の枝が私を襲おうとしていた獣の横っ面を叩いた。


『走れ!』


 獣の顔面をフルスイングで殴ったのは、さっき私達をからかっていった男の子の一人、ティーダだった。
 殴った衝撃で折れた木の枝を放り出し、ティーダは私の手を取って走り出す。
 獣は顔をブルブルと振るとすぐに一声唸って追いかけてきた。


 全力での攻撃とはいえ、十歳に満たない子供の力などたかが知れている。
 頑丈で大型の肉食獣になど、大したダメージにはならない。
 走りながらティーダはポケットから折り畳みのナイフを取り出し、私とつないでいた手を放した。


 後ろから狙いを定めた獣が私達に襲い掛かってくるその時、ティーダは身をひるがえした。
 飛びかかる大きな獣と小さなティーダの体がぶつかる。


『ガウゥ、ガルゥ』


 後方から低い唸り声が何度も聞こえ、夢中で走りながらも、私は後ろを振り返った。
 見えたのは、両手で獣の鼻面にナイフを突き立てているティーダと、そのナイフを引き抜こうと首を振る灰色の獣だった。
 子供の手の平ほどの小さなナイフで、大きな獣に致命傷を与えられるはずがない。


『逃げろ!』


 そう叫ぶティーダの腕は獣の爪で大きく切り裂かれ、大量の血と共に白い骨までがさらけ出されていた。


『イヤーーァ!』


 何もかもが思考から飛び去り、私は叫びを上げ、ティーダの下へと走り寄ろうとした。


『来るな!』


 ティーダは再び叫ぶ。
 その間にも獣はティーダの腕を噛み砕き、ティーダは苦悶の声をあげる。


『逃げろ、シンリー。俺の行動、無駄にすんな』


 脂汗まみれの顔で、唸るように言ってティーダはもう一度、残った片手だけでナイフを振りかざした。


『うっああ~~~~!』

「シンリーは龍族の子に呪われた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く