シンリーは龍族の子に呪われた

千夜ニイ

緑の丘のおままごと

『お姫さまケーキが焼けましたよ』


 空のお皿にハンカチを盛り付けて、私はテーブル代わりのお盆の上に置いた。
 向かいに座るサラが嬉しそうに笑って、私もつられて笑顔になる。


『まあ、ありがとうシンリーいただくわ。わあ、とってもおいしい』


『お姫さま、今日は龍族の王子さまがお迎えにきますよ』


 頭一つ小さい年下の女の子がエプロンの端を摘んで、澄まし顔で告げる。


『あら、大変。ローラ、ドレスを用意してちょうだい』


『人間国一番のデザイナー、ローラにお任せください』


 サラの言葉に、ローラは畳んであった大きなスカーフを取り出してサラの体に巻き付ける。くるりと回ってローラは得意げにポーズを決めた。


『どうです、お姫さまとっても綺麗ですよ』
『それでは私は、王子さまに踊りを見せてくるわね』


 スカーフをひらひらと揺らし、サラは空想の王子さまに踊りを見せている。最後に一礼で踊りを終えたところに、私とローラが拍手をする。


『今度はあたしがお姫さまがいい!』


 今回の役は終わったとばかりに、ローラが飛び跳ねた。


『それじゃあ、私はまたコックさんね』


 私はいつもコックさんを選ぶ。お母さんみたいに、おいしい料理を作ってみんなに喜んでもらいたいから、人間国一番の料理人、シンリーになる。


『それじゃあ、私は宝石でアクセサリー作る人ね。それでお花が宝石ね』
『うん。やろう』


 お姫さまをやっていたサラが役を決めて、私たちは笑顔で第二幕に取り掛かる。


『うわ、女たちがまた弱いことやってる』
『げー弱くなる』
『離れようぜ、端っこまで競走な。よーいスタート!』


『はやいっ』『ずるい』


 男の子達が私達をからかって、丘の草を蹴って駆けて行く。
 落ちていた木の枝を拾って、駆けっこがいつの間にかチャンバラに変わる。
 穏やかな風に吹かれながら、揺れる緑の草に囲まれて、私達子供はのどかな午後を過ごしていた。


「シンリーは龍族の子に呪われた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く