再召喚された勇者は一般人として生き抜く

冬 真白

レベル上げ

「この光るものはなんだ?」

「1本飲むとLvが100上がるポーションです」

「おぉ、それは良いな」

カムイはそのポーションを全て飲みほした。

「ステータス」

カムイ
天使Lv2001  14歳
HP-21万
攻撃-2001万
防御-3000万
魔力-61億
幸運-10

スキル
未取得

称号
未取得

アイテム
未取得

「おぉこれは良いな」

「カムイ様のためならどんなこともしますので」

「そうか、ならスキルの本はないか?」

「それならこの下にあります」

「うむ、案内しろ」

「はっ」

カムイは来た道を戻り、別の部屋に入った。

「これ全てがスキルの本か?」

「はっ」

そこには図書館のような部屋があった。
カムイはその本をひとつ残らず読み込んだ。

「読みわった」

「お疲れ様です」

「何日たった?」

「5日でございます」

「そうか、俺はステータスの確認をするから、ネクロンは飯をもってこい」

「承知しました」

ネクロンは、図書館を去っていった。

「ステータス」

「再召喚された勇者は一般人として生き抜く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く