再召喚された勇者は一般人として生き抜く

冬 真白

暗殺者の襲撃

「深くまで来たな〜」

「おっ!ウルフだ」

「うりゃぁ」

アノスは魔剣と聖剣と魔の指輪を装備しモンスターを狩っている。

「ん?あれダンジョンか?」

崖に穴があいていた。

「入ってみるか」

…………

「おっ!タイラント」

「しゃぁ!つぎー」

「ゴブリンスレイヤーだぜい!」

アノスはこの調子で進んでいく20階層まで来た。

「ん?あれダンジョンマスター的なのか?」

「よくここまで来たな」

「んんん?あれはドラキュラか」

「いくぞ、«血吸»」

「«ブレス»」

「かはっ、。」

「ふ〜、びっくりした」

アノスは倒したモンスターを解体BOXにいれ、街に向かった。

「もう暗いな〜、あ、あった何でも屋」

「へいらっしゃい」

「売りたいんだけど?」

「何を売りたいんだ?」

「これを」

アノスは今日狩ったモンスターのアイテムと龍の肉以外のアイテムを売った。

「うわっいっぱいだな」

「いくらになりますか?」

「これは黒貨3枚と金貨86枚だな」

「おお!ありがとうございます」

「また来いよ」

「はーい、さよなら」

「気おつけろよ」

アノスは何でも屋を離れ宿屋に向かった。

「クレアス元気かな〜?」

「ん?よっ」

アノスは首筋に冷気を感じ、飛び退いた。

「誰だ?」

アノスの目の前に7人の暗殺者が現れた。

「あなたを排除する」

「うわっ!くそっ、«ブレス»」

「「「「「「「«ブレス»」」」」」」」

アノスが放ったブレスが7人のブレスと同調し消えていった。

「再召喚された勇者は一般人として生き抜く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く