再召喚された勇者は一般人として生き抜く

冬 真白

今夜は肉パ

アノスは宿屋に帰った。

「クレアスー」

「おう、なんだ」

「これ、お土産」

「お、これはダークウルフの肉にウルフの肉じゃねーか」

「たまたまいたから葬ってきました」

「クエストか?」

「はい」

「お、なんだいくら貰ったんだ?」

「なんか、金貨超えちゃうから王様のところ行ってきて欲しいってさ」

「王城にいくのか?」

「うん」

「アノスすげぇーな!王城の場所わかるか?」

「はい、迷子の時見つけました」

「おぉ、そうか!それより王様から直々にアノス家買えるんじゃねぇか?」

「いくらぐらいなんですか?」

「金貨2枚くらいだな」

「あれ?俺もう買えますよ?」

「え?なんで?」

「盗賊から奪ったんです」

「宿来る必要なかったじゃねーか」

「あはは〜」

「王城のすぐ横に不動産屋あるからついでに行ってこいよ!」

「はい、分かりました」

…………

「よし、ウルフ肉のステーキとダークウルフの串焼きだ」

アノスは夕食を食べ部屋に向かった。

「そう言えばステータスどうなったかな」

「«ステータス»」

「再召喚された勇者は一般人として生き抜く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く