再召喚された勇者は一般人として生き抜く

冬 真白

暗殺者の仕業

「すいませ〜ん、通りまーす」

群衆の視線の先を見ると1人の女が倒れていた。
それに、ただ倒れていただけでなく左胸に抉られた跡があった。

これがクレアスが言っていた暗殺者がやった事なのか。

「は〜いどいて〜道を開けて〜」

そこへ3人の白い鎧をまとった騎士がきた。
1人は声からして女だろう。

「エルドラ、ダグトこの遺体を埋葬してあげて」

「「はっ」」

2人の白騎士の男が遺体を運んで行った。

「お騒がせしました」

女の白騎士も1つお辞儀をすると男に続き帰って行った。

………

「背後には気おつけろよ」

「な!」

アノスは、声がした後ろの方を見た。
しかしそこには誰もいなかった。

……………

きのせいだったのかな?

「再召喚された勇者は一般人として生き抜く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く