再召喚された勇者は一般人として生き抜く

冬 真白

宿のおっちゃんによる通貨説明

「おう!3日だな銀貨3枚だ」

「はいどうぞ」

「そうだ、いちよう通貨の説明もいるか?」

「お願いします」

「通貨は安い順に銅貨、銀貨、金貨、黒貨、白貨だ。100枚集まれば自然的にひとつ上の通貨に変わるからな、白貨の事だが王族しか持ってないもんでなよく分からねーんだ」

「そうなんですか、ありがとうございました」

「おう、お前さんの部屋は201だ、2階にあがってすぐにあんぞ」

「分かりました」

アノスはカウンターのすぐ横にある階段を通り宿に入った。

宿の中にはベットと机と椅子、最低限のものしか置いてなかった。

アノスはベットに横になった。

「もう夜か、明日はギルドに行こうかな」

…………

アノスは深い眠りについた。

「再召喚された勇者は一般人として生き抜く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く