再召喚された勇者は一般人として生き抜く

冬 真白

転生後早々盗賊狩り

「年齢は14歳で」

「分かりました、全ての準備が整いましたのでアノスさんを転生致します。」

「あいよ」

「幸運を祈ります。«転生»」

俺の視界は白く包まれた。

「んん、んあ〜」

アノスは深い森の中で目覚めた。

「転生終わったみたいだな」

アノスは周りを見渡した。
そこでアノスが見たのが盗賊に囲まれた商人だった。
アノスは盗賊の元に走っていった。

大きく息を吸って〜

「おい、あの黒ローブの走ってるやつ味方か?」

「ん、俺は知らねーよ」

………

「「敵だー」」

せーの〜

「«ブレス»」

盗賊が声を揃えて叫んだがその声は虚しく虚空をきっただけだった。

「ブレスつえ〜、20人くらいぶっ飛ばしたぜ」

「おぉ、あんた助かったよ」

「あ、いえいえ気にしないでください」

「あんたいくあてあんのか?」

「いえ、とくに」

「なら俺がラメスト王国に連れてってやるよ」

「いんですか?」

「あぁ馬車に乗りな」

「はい!ありがとうございます」

アノスは盗賊の身ぐるみを全て剥ぎ取り馬車に乗った。

「出発進行〜」

アノスを乗せた馬車はラメスト王国に向かっていった。

鑑定でステータスの確認でもするか〜。

「ステータス」

「再召喚された勇者は一般人として生き抜く」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く