激補助のショートリリック

激しく補助席希望

短編『イグジット』PartIII


「『地獄』ってのは、人が考えた概念だから存在しないってさ。」


「んぁ?」

「ねぇ、聞いてる??」


 雨の降る高速道路のSAサービスエリアで、助手席に座った彼女が突拍子も無いことを口走った。

「すまん、聞いてなかった。」

「…考え事??」

「いや、違うけどさ…で?地獄がどうしたって??」


 聞いてるじゃん、と肘で横からつついてきた彼女がスマホの画面を見せてくる。

「ほら、見て。ここに書いてるの。良い行いをした人が行く所が、仮に<素晴らしい場所H e a v e n>だとしたら、その反対にあるのは<ひどい場所H e l l>なんじゃなくて、<何も無い場所V o i d>なんだって。」


「へぇー。『楽園』の反対は『無』か。成程一理あるねぇ。」

「でしょ?」

「…で、その何も無い所ってなんなんだよ?」



「えー…っと、『劇場』、みたい。そう書いてある。」

「は?…劇場?」

 彼女の手からスマホを取る。




ヒーリング界のカリスマ!スピリチュアルコメンテーター景記 洛山かげき らくざん先生特集!!死後の世界とはいったい!?

〜略〜

…つまり、人生の終わりに人は『劇場』に立ちます。何故なら、今までの『人生』という大きな舞台が終わったからです。そこで沢山の祖霊からの祝福を浴びて、カーテンコールと行く訳ですね。劇場の客席は凄いですよ!今まで亡くなったありとあらゆる人が新しく来た人を迎えに来る訳ですからねぇ。

〜略〜

…しかしここで注意が必要なのですが、地獄が無いからと言って現世で何でもして良いという訳にはいきません。死後、人の魂は大きく2つに別れた所に行きます。その別れ方をご存知ですか?それは、「運命を受け入れ人生を全うした人」と「運命を拒否し自ら最後を選んだ人」の2つに別れます。ここが、大きなポイントなんですね。

〜略〜

…自らの最後を選んでしまった人は、まずそのきっかけとなった『出口』を通り、劇場に降り立ちます。悲しいですねぇ〜。「自ら最後を選んだ人」はその後そこにある『無』に加わります。人生のカーテンコールはありますが、その客席には誰も居ません。『無』に加わってしまった人達は、新たなる犠牲者が劇場に降り立った時『だけ』また人の形に戻る事ができ、新たに『無』に加わる人のカーテンコールを見て笑うのです。そして、その人達と一緒にまた『無』に戻るのです。



「…プッ、くだらねぇ〜〜。このスピリチュアルコメンテーターって最近良くテレビ出てる胡散臭い奴だろ?」

「面白いけどさ…なんか筋通った話じゃない??」


「う〜ん…どうなんだろな??」







 1拍の間の後、カーラジオから自殺者が引き起こした事件についてのニュースが流れて耳に入る。






「…最近、多いよな。」


「うん。年明け前の中年の孤独死とか、過重労働で飛び降りた人とか…」



「たしか勉強出来なくて学校で死んだ女子高生も居たよな?後は…飛び込んだ駅員か。アスベストか鉄粉かが大量発生してるような所で長時間勤務させられて苦しんでたって人」



「あー、風俗店で働いてるのバレてお風呂場でリストカットした大学生も居たよね?ネットで見たよ。」



「昨日はあれか?精神病院での自殺と、元ヤクザの獄中死。」



「今のラジオで言ってたのは凄いね。借金のカタにバイク取られそうになった人が、バイクごとダムに突っ込んで行ったんだよね??」









「みんな、凄いな。よくそんな事出来るよ。」



「最近だとどうしてもそういうニュース目に付くけど…流石に。ねぇ?」











 彼女はお腹の辺りをさすって、小さく「ごめんね」と呟いた。












「…さて、次のSAってさっきからずーっと先延ばしにしてたけどさ。」


「うん。いい。…ここで良いよ。」



「しかし…劇場とは、笑っちゃうな。」

「ね!でもちょっとは気が楽じゃん?」





「うん、そうだな。…あ」

 彼氏は何かを思い出すと、財布の中から一つ前のSAで買った、おにぎりやジュースのレシートを取り出した。

「はい。」

「…何?」

「いや、劇場なんでしょ?」

「あー…モギリって、事?」


「ざんねーん。片道キップ。」


「そっちね…こんな時まで変な人。」

 彼氏が差し出すレシートの反対側を、彼女がつまむ。











「幸せだったよ?」

「うん、幸せだった。」


















 そう言うと、2人はレシートを引っ張り合い、ちぎった。















 2人でえへへと笑った後、ちぎれたレシートのそれぞれを、やさしく練炭の上に乗せた。


















































─ガチャン










〈SE:拍手 笑い声 喝采〉



 









EXITイグジット』PartIII  END

 グランド・フィナーレ


「激補助のショートリリック」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

  • 激しく補助席希望

    すえごろう→
    コメントありがとうございます!共感して頂いて嬉しいです(´ε` )♥

    0
  • すえごろう

    私たちは皆、舞台「人生」に出演している舞台俳優なのかもしれない。

    1
コメントを書く