激補助のショートリリック

激しく補助席希望

#3 補助席ひとり語り

*注 これは作者の独り言みたいな物です。小説では無いのであしからず。




ドーモ、激しく補助席希望デス!

現在時間
平成30年12月24日 7:33

クリスマスイブになりました。

小説でクリスマス企画やろうと思ってたのですが、年を越す前にかなり佳境な所に差し掛かり、ちょっと真面目なムードになっていたのでNPC勇者○○ではやらずにこちらでクリスマス企画をやります。

と言っても対した事はしませんが『プレゼント』について語りたいと思います。


今日はイブだけど、もしかして今日貰ってる人もいるのかな?それとも25日の朝に貰うのかな?

皆さん今までにもクリスマスや誕生日、記念日等々、色々プレゼントを貰って来たと思います。そこでちょっと皆さんに聞きたい事があります。


『今までで貰ったプレゼントの中で1番嬉しかった物は?』


…これを聞きたいと思います。

どうですか?パッと頭に浮かびますでしょうか??

何故このような質問をしたかと言うと、私事ではありますが、『プレゼント』で喜んだ事と言うか、嬉しかった事が無いんですよ。


私、自分の身の回りの物として使う物は徹底的に『機能性』を求めます。あれこれ下調べして、サイトや写真を何枚も見比べて、実際に手に取って見れる場合は店頭まで向かって…そこまでして『よし!これは良いものだ!』と、自分で判断出来た物を買う、と言うのがすごく好きなんです。この『過程』をとても楽しく感じます。

なので、急に「ハイあげる」なんて言われて渡された物には、大概の場合興味すら湧きません。むしろ、「え?なんでコレ?を俺に渡すの?」となりとても気分が悪くなったり嫌悪感を感じます。



「あ、ハイ。そこ置いといて」



ぐらいにしか感じません。そして多分使いません。何日かすると存在すら忘れます。

ホント小さな子供の頃から、自分の知っている、自分が気に入った物だけが欲しいタイプでした。例えて言うなら、おもちゃ屋さんのチラシを開いて、アレが欲しいとか、これがいいなんて赤丸をつけて行くんですけど、そのチラシの中以外の物でプレゼントされてもまっっったく興味持たない子供でした。


で、ココからが重要なんですけど。




私のその性格と言うか、性質はちゃんと言葉に出して周りの友人達だったりに伝えてるんですよ。俺は物貰っても喜ばない人だからむしろ渡さないでくれ〜って。


プレゼントされるのすごく嫌だから、頼むから渡さないでくれって。他の人から何にも貰わないのが俺にとって1番幸せで嬉しい事だって。


口に出して伝えてるし、別の誰かそれを知らない人から物貰った時にわざと露骨な態度取ってたりするんですけどねぇ。




「私がせっかく選んだプレゼントなのに使ってくれない!!」とか



「なんでプレゼント喜ばないんだよ!頭おかしいぞ!」とか…



「プレゼントとは、中身が何かではなく、そこに込められた思いが重要だ!」なんて…


言ってくる人居るんですよ!正直気持ち悪過ぎて鳥肌立ちます。


頼むからプレゼントとか贈り物しないでくれ!迷惑だ!って頭下げてお願いまでしてるのに、その気持ちを無視して自分からの善意を良しとして相手に押し付け、それが受け入れられないからと言って相手を非難する。


あなたホントに人間ですか?


誰が何をしたって、『本人』が『嫌悪感』を感じていたら、ただの迷惑ですよ?ハラスメントを強要して、相手に受け入れられないから相手を非難するって、正気の沙汰とは思えないのだが?


…って思ってました。なので、私のクリスマスのお願い事はいつもこうです。
















『サンタでも何でもいい。頼むから俺の枕元に何も置かないでくれ』って。


















そして翌日。


…こんな事をされるぐらい、私は本当に余程の『悪い子』なんだろうな。



そう思っていた。



















と、言う訳でだいぶ後味悪くなった所で今回のひとり語り終了です笑

今回はいつもより多めの1800文字になっちゃいました。このプレゼントの話で、色々思う人いると思いますので、意見のある方はコメントにお願いしマース!


それでは良いクリスマスを!!


お疲れサマンサタバサ!!






END

「激補助のショートリリック」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

  • 激しく補助席希望

    文香→おお!少しでも理解してくれる人がいるとはっ!

    1
  • 文香

    何だろう、分かりみが深い。

    1
コメントを書く