激補助のショートリリック

激しく補助席希望

不意に来る疲労

ジャンル: ホラー 不思議 ???






「あなた、疲れてるのよ」


 そう言われるとなんだか気怠いような、頭が重いようなそんな気がした。

 でも、何か明確に疲れるような何かをしたかと言われれば特に思いつくものはない。

 そう言えば昨日は何をしたかな。一昨日は何だったかな。先週は、先月は。

 前の事を思い出そうとしても、特に意味のある事は思い出せなかった。帰ってきて風呂、何かは食べて、寝て。それは思い出せたけどそれ以外はなかった。

「…明日は何するんだっけ?」

 声に出しては見たんだけど、明確な予定もないのは分かりきっていた。

 明後日は?明々後日は?来週は?来月は?

 やるべき決まった事は確かに有るにはある。帰ってきて、何かしら食べて、寝て。でも、それ以外は思い付かない。

 ケータイを手に取りスケジュールを確認する。着信履歴を見る、メールの受信ボックスを更新する。これらは決められた動作。決められた順に指を動かしてタスクを1つずつ進めて行く。そこに予定外の行動は無い。

 定期的に行われるそれは、はたして予定された行動と言えるのだろうか。だがなんだか突然自分に予定が沢山出来たようで笑いが込み上がる。



「あなた、憑かれて

 END

「激補助のショートリリック」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く