想像チートでこの世界を生きていく?!

黒糖

第三話 パートナー

手紙が爆ぜた・・・
爆発する要素ないのに爆発したのだ。
手紙が。

「目がっ、目がァァァァ!」

爆発の影響で目がやられました……

ーーーーー数分後

「ぁぁあ……見える…見えるぞ!……って、うわぁ!あんた…誰?」

視界が明瞭になり、やっと視力が戻ったと思いきや、目の前には人がいました。
それも、銀髪、蒼眼の女神と言われても疑われないほどの美少女でした。

「お初にお目にかかりますサナ様。私、貴方様をこの異世界へ転生させた者、セルシと、申します。今後、サナ様のパートナー、側付きそばつき、伴侶、愛玩道具……全てにおいてサポートさせていただきます。今後ともよろしくお願いします」

「こ、こちらこそよろしくお願いします……って、〃転生させた〃って、お前が犯人かぁぁぁぁ!!」


そんなこんなで異世界に来て初めて俺にパートナーが出来ました。

「想像チートでこの世界を生きていく?!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く