話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者…!!召喚されたら神だった

御丹斬リ丸

第13話




神界 某所


新参の神々5柱が集まり何やら作業をしていた


「人間達誘拐ビジネスをやってるかと聞いたが、本当か?」
「フフフフ、いやだなぁ。誘拐ではありませんよ…人間(下等生物)達に夢を見せて開けてるだけですよ」


「ククク、ではよろしく頼むぞ」


「フフフフ、わかりました」
そう言いながら怪しい影は闇にきえて行った


◇◆◇◆


???



また馬鹿な奴らが食いついたぜ


ゲームを作るなんてボロい商売なのによ!
フフフフフフフフ笑


私流ゲームの作り方 講座


①まず、自分が神の必要があります
②次に、キーワードをつぶやく「ファンタジーな剣と魔法の世界」っと
③コマンドワード「創造開始」を発動する
④仕上げにダウンロードデータ使用量を入力した完成!



はっきり言ってプログラマー発狂ものである…


「はー、終わり終わり疲れたー」




もしこの場に、ゲーム製作者がいたのならこう言うであろう『てめぇの何処に疲れる要素があったんだ!コラァ!!!!』と



◇◆◇◆



201X年、ひっそりと運営を開始したそのMMORPGは、一部の人達に莫大な支持を得て不動の地位となった


人族、獣人族、魔族と言ったテンプレな種族からプレイヤーは種族を選択し、課金次第では妖精族、龍人族と言って種族もプレイ可能と言うありふれたゲームであった


さらに世界観も剣と魔法の世界


ステータスもHP、MP、力、速さ、運、防御力、知能と言ったテンプレなものであった



まぁ、製作者が雑な作業をした為にスキルと言ったものがなく、プレイヤー自らで魔法式や、武術を開発せねばならなかった


しかしそこが一部のプレイヤー達に支持を得る要因なり、12年経った今日では5000万ダウンロードと言う記録を達成した



そしてついに計画は動きだすーーーーーーー



『ふははははは愚かな人間どもよ!おm「はい、ちょっと待った!それはさせねぇよ!」』



ーーーーーーと思われたがやはり古参の神々に邪魔をされたのであった。






◇◆◇◆


「おい、お前ら!なんか言うことはあるか?」


「俺はやってねぇ」  「有罪」
「私は人間達に夢を与えただけです」「有罪」
「ぼ、僕は知らなかっ「有罪」」


「テメェらにいつ、言い訳をいえと?言った?」


「「「なんか言うことあるか?っていったじゃ(ないです)(ねぇ)(ん)か!!!!」」」


「口答えはいいから!」


「酷ぇ…」
「理不尽」
「サイテー」


「お前らは今から島流(デスゲーム)しだ!」


「や、やめて」


「安心しろ、他の犯罪神も一緒だ」


「余計にいやです」


「選別として選ばせてやるよ。力か?HPか?」


「フザケンナぁぁ!俺はやってねぇ!」
「俺たち以外に二人いるんだ」


「ふふ、これのことかな?」
そこには焼き殺され灰になった二人だったものが、あった


「サァ?選べ!選択か!死か!」



「力で…」
「りょ!両方よこせ!」


「両方だと?くれてやる」
「おま!ずるいぞ」


「選択〈力とHP〉と死だろう?」


「違!違う!待てぁぁぁぁぁぁぁ……ぁあ……」


「はははははは笑、最後は君だ。君は何を選ぶ?」


「HPで…」







          

「勇者…!!召喚されたら神だった」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く