糞ジジイにチートもらったので時を忘れ8000年スローライフを送っていたら、神様扱いされてた件

御丹斬リ丸

挿話 宗教戦争勃発







神聖歴124年、世界で初めての宗教戦争が勃発した。
生き神である技巧神を巡って、魔術師至上派と神が降り立った際に神器を預ったハイク派にあった溝が大きくなり、戦争に発展した。


魔術師至上派と事実上、現政権のことであり、始祖派はなりを潜めている状態だった。


一見魔術師至上派が悪く見えるが、実のところかなり進んだ政策をしており、実力主義のところが大きい。
身分、血、出身に関係なく実力さえあればどこまでも成り上がれる。
逆にどんなに身分が高い親から生まれた子でも実力がなければ平民という制度だ。


それに比べてハイク派は、生まれる前から人の身分は決まっていて平民はどこまで行っても平民だし、偉い奴の子孫は偉いと。
そして始祖の血が濃いほど力があり、一番最初に神剣アビスジェノサイダーを授かった始祖の血族を筆頭に、後に神器を授かった7の血族を中心とした政権をハイク派としている。


現在存在する豪族たちもハイク派に属しており、始皇帝、5皇族、7始王、5豪族、7法家、7守護家となっている。


今回の戦争は始祖の時代、ハイク派こそが真の権力者だったことから政権を取り戻そうとした割と下らないものだった。


神器以外の力を持たないハイク派は、圧倒的な力を持つ魔術師や闘技用に作られていた合成魔獣によって攻撃を受け象徴たる神器さえ失い事実上解散を遂げた。


神聖歴153年、合成魔獣による反乱後、神の怒りと言われた巨星落としが行われた後、神の元に集められた元ハイク派は、ハッピー主神教に統合され、デーバース派として誕生した。











「糞ジジイにチートもらったので時を忘れ8000年スローライフを送っていたら、神様扱いされてた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く